2012年12月30日

古代日本文字の「ナ」

古代の日本語(倭語?)に超興味があった時期があって、

ネットでいろいろ見たんだけど、その時あたしの目を奪ったのは、

「な」の文字。


「な」は、「ナ」と書く。あたりまえじゃん、といわれそうだけど、

あたりまえだけどあたりまえじゃない。

なぜなら、この古代文字「ナ」は、ひらがなカタカナが出来る、ずっと以前から

日本にあったといわれる文字だからだ。

ひらがな以前に日本に文字は無かった、という一般常識だけど、

実は、違うらしいのだ。



そして、その「ナ」の形が表すものは、「魚」。

古代日本文字には、なん種類かあるんだけど、

だいたいどれにも共通してるのが、「ナ」は「さかな」だということだ。



その、ほかの種類の「ナ」の文字には、そのまんま魚の形の文字があり、

(目もしっぽもついてるよ)

今見てる「ナ」という文字も、左ななめ下に頭を向けた魚の形だよ。



さてここで、なっぱ、さかな、まないた、うお、に登場してもらいましょう。


古代の日本文字のうつりかわりを見てけばわかるけど、

ナ には、もともと魚という意味があったみたいなんだけど、途中から、

食べ物全部を「ナ」と呼ぶようになってしまった。


なっぱ とか、青菜 とか、「ナ」というものは、現代では、葉物野菜を指すよね。

それは、その時、食べ物全体を「ナ」と呼ぶようになってしまった名残なの。たぶん。


肴 というのは、つまりは、酒の肴(さけのさかな)、白い白馬みたいだけど、

酒を飲む時に食べる「ナ」をわざわざ「サケのナ」として区別したのが、

肴 という意味だよ。肴は、なっぱでは役目不足だから(実際お酒を飲めばわかるよね)

やっぱりたんぱく質が好まれる。肉とか魚とか。古代の日本では、ダントツに魚の方が

手に入りやすかったでしょう。だから、酒の肴、転じて、「さかな」=「魚」になったんだよ。


で、まないたは、「ナ」を切る板なんだけど、

「ナ」に食べ物全部っていう意味づけがされてしまったので、

「魚」を乗せる板を、本当という意味の「真」(ま)をつけて、

本当のナ、従来の意味のナ、つまり「真ナ」で、まな としたの。

だから、まないた の「まな」は魚の事なんだよ。



「魚」は「うお」とも読むよね。

「ナ」と「うお」の違いはなんだろう。


江戸時代かそこらの学者の人が(誰だか忘れてしまった)

調べてまとめた文書が残ってるんだって。



その人によると、

「ナ」は、水からあがった(泳いでいない)状態、食材の状態、

さらに食料として調理された状態、つまり、生きていない(死んでる)魚 という意味で、


「うお」は、水の中でいきいき泳いでいる魚 という意味 だそうだよ。




また数字に行っちゃうけど、


「ナ」は「0.9999…」で、

「うお」は「1」だな と感じる。




日本語深いな〜

もっと古代文字知りたい。


posted by 辰多みか at 00:01 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。