2013年01月04日

イエスの言いたかった事


あたしは、キリスト教も勉強してこなかったんで、

さらにあまりwikiも検索もせず、

ただ、どこかで聞いて耳に残っていたフレーズが、ある日突然、

腑に落ちた日の事。



それは、

「隣人を愛しなさい」「愛こそがすべて」



何度も書いてるけど、

あたしはある日突然悟った。


それはレベル的には悟りとは言わず、気づきというのかもしれないけど、

「そういう」状態の中で、一瞬だけ、目を開けた事があるんだ。

まあ、その時、あたしは、車の後部座席で、湖面を見てたから

物質としての目はずっと開いてたわけなんだけど。



意識の中で目を覚ました。



いろいろな思いがやってきた。


自分の外側はみんな鏡 だとか

人はみんなそれぞれ神様 だとか

内面はそのまま意識の外面につながっている とか

人にも物にも、すべて神様が宿っている とか




そして、「隣人を愛しなさい」の意味が、腑に落ちたの。


隣人、つまり、敵に愛さえ送れば、自分は恐ろしい事から逃れられる、というような、

そんな感じでとらえていたけれど、そうではなかった。


これは、こうやって字面で見れば「そうではなかった、って、あたりまえじゃん」て

みんなわかっている事だろうけど、

本当の意味で愛を送っている人、実際の行動でできている人は

まったくといっていいほどいない(と思う。ていうか身近にあまりいない。)。



敵が「私」に向けてくる脅威をなくす目的に使う「愛」は、もちろん本当の愛ではなくて、

ただ愛に似た形をとっただけの、詐欺的な「愛」だ。「愛」とも呼べない。

だからそれは敵には伝わらず、伝わるのは、「相手を恐れている気持ち」と

「愛に似せた卑怯な手を使ってなんとかその場をおさめようとする気持ち」


その場面が、この世界に、なんと多いことか。


ほんの、小さな事だよ。

敵とは、「私」を殺すような、重大な事をしてくる人の事(だけ)ではない。

すぐそこにたくさんある、ほんのささいなこと。


そうして、その敵を変える事は、絶対にできない。

愛 でしか できない。



矛盾みたいに見えるけど。




相手を変える事は、愛でしかできないけど、

そもそも「愛」は、相手を変える事も望んでいない。


相手を変えようと思った瞬間、「愛」は「愛」でなくなる。




それが愛だ。



イエスが言ってるのはこのことなんだ。

それを、湾曲して自分の都合の良いように思い込んでいる人のなんと多いこと。

それは聖書を勉強しているという人たち(集団)でもそうだ。

(だってもらった冊子に湾曲した事が書いてあるんだもの)


そう思った。

みんなが本当の「愛」を持てば、この世界は本当に平和になるのに。


でもあたしも、本当の愛を持ち続けるのはむずかしい。


そう思った。



そのあと、なにかに取りつかれたように、

ネットで、「北風と太陽」を検索した。

あたしの心の旅がはじまったのは、その時からだ。

「北風と太陽」の、太陽は、愛 だ。



それがその時きづいたこと。

あたしが悟りと思ってること。


posted by 辰多みか at 00:01 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。