2013年01月04日

ブッダの言いたかった事


あたしは仏教を勉強してこなかったんで、

wikiやら検索やらで知った事。



ブッダ(釈迦)の言いたかった事は、

今、自分が生きているこの世界は、他のものの命を奪わないと、

自分が生きていけない世界だから、

はやく、悟りを開いて、

この殺生の世界へ二度と生まれ変わらないようにしなさいよ、てことだ。



大前提として、

「自分」は死んでも、何度もまた、この殺生の世界に生まれ変わるものであり

(前世、うまれかわりがあたりまえ)

この世界は、上の方から見下ろしてみて、レベル的にはあまり良くない世界ってこと。

そして悟りを開けば、この世にはもう生まれ変わらない。

(実際、悟りをちょっと開いただけではだめで、生きてるうちに魂のレベル上げを

しないといけないんだけど)




それであたしは、仏教は、宗教じゃなくて、哲学だと思う。


ブッダの言う事は、確かにとても大事だけど、

「ブッダ」そのもの(仏像)、またその言った言葉自体(経典)を、

あがめたてまつっても、それには何の意味もない。



自分が「悟」らなければ、何の意味もない。




ブッダは、たとえば、(ほんとうにたとえば)

「自転車に乗れるようになる方法」と「自転車に乗れたら、そのあとの気分や生活や自分はどう変わるか」

を、みんなに話して聞かせただけだ。


いくらhow to本を読んだところで、自転車に乗れるようになるわけではないし、

自転車に乗った気分を味わえるものではない。


本当に、乗らなくちゃ。



「旅行本」をいくら読んでも、そこに「行った」事には、

みじんも及ばない事と同じ。



それが悟るという事。


posted by 辰多みか at 00:02 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。