2013年01月06日

あたしのほんとうの気持ち


あたしは、やりたいことがあっても、

なぜかやれないことが多い。

ここの片づけを先にやってから〜とかー

そもそも主婦だから何日も泊まりは無理〜とかー

やってもいいよ、やりたいことはやればいいよ、とまわりから言われているのに。

(まあ周りも若干口だけということもあるけどね)


それは、主婦になったからじゃなくて、子供の頃からの

昔からで(昔はもっと自由にやれてた事の方が

多かったけど)、たまに、自分で自分ができなくなるように

コントロールしてるんじゃないか・・・と漠然と感じることもあって、

不思議で、辛くて、できないできないともがいていたけれど、

心の中を見て行ったらね、なんとまあ、思いもよらない理由に行きついた。

昨日気付いた事なんだけど。



それは、できないのを、まわりの環境のせいにして、自分を正当化してたっていうこと。

つまり、「あたしは悪くない」というのを、

思い切り味わいたいんだろう、ということだ。


できないのは、自分が置かれている条件が悪いから。

そう思って、条件を変えてみても、やっぱりできない。なぜかもっと違う理由を探してしまう。

やれるように努力するんじゃなくて、やれない理由探しに一生懸命みたいな。

そう、なんとなく感じてた。あたしは、「まわりが悪い、あたしは悪くない」と

言いたいだけなのだろう。

たぶん、昔(前世?)、あたしはものすごい悪者あつかいされたことがあるんだろう。

だから、この、平和な、なんでもない世界なのに、

常にあたしは、「あたしは悪くない」と言って戦ってるのだろう。

親にそう指摘されたことも多々あったし。

「みかはすぐ人のせいにする」

その頃は、言われても、そう言われる意味がわからなかったけれど、

たぶん、あたしの「本当の気持ち」が、心から漏れて、伝わってたんだな。

そうか、わかって、ちょっとすっきりした。

まわりの人には、だいぶ悪い事しちゃったね。



たぶんあたしは、「あたしは悪くない」を思い切り味わいたくて、

それが目的で、今生、この世に生まれてきたのだろうけど、

それに気付いちゃった今、どうする?

「「あたし」はもともと悪くないんだよ」て自分に言ってあげる?

それが気付きの先のステップなんだよね。


posted by 辰多みか at 00:00 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。