2013年02月15日

四次元を見る鏡をとうとう手に入れた!!


きのう、本屋さんにいったら、

本屋さんの一角が、なぜか、パワーストーンコーナーになってた。

本屋なのになぜ・・・? まあそこはどうでもいい。

そこであたしはついに出会ってしまった。

探し求めていた四次元を見る鏡と。



なんて石か、覚えてきたつもりなのにうちに帰ってきたら、すっかり忘れてたよ〜〜

黒くて、

シルバーっぽい輝きの、

直径25mmの、


重たい、まんまるい、石。



となりには、同じ大きさの水晶玉もあったけど、

水晶玉は1890円、

この石は、840円。


とうとう手に入れたよ〜〜

思いは叶うんだ〜〜

でも、なんて名前かわからない〜〜



名前を確認しに、また本屋に行ってこないと・・・

でもこれで四次元が見えるね〜〜。



12/27に書いた日記の、


この世界の形は、

円っていうのは、



実際目に見えている、数の世界は放物線で、

それは、無限小に無限に近付くけどゼロではない所から無限大に発散する、放物線で、

でも、実際は、その放物線を違う角度から見ると円なんだよ。

それがこの数の世界が円てことだよ。


あたしが手にした四次元の鏡に、

直線を映すとどうなるかっていうと、


あたしたちが今すんでる世界にある直線は、両端は、「無限」に続いているけど、

この鏡に映すと、


なんと球面をひとまわりして、つながっちゃうよ。


うわぉ


ワンダフル。


なんか、そういうこと。


posted by 辰多みか at 00:00 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。