2013年02月16日

朝起きてふとんの中で思ったことAうつ病


@が長くなっちゃって、全然自分の書きたかった所まで行かなかったので、分けてAを書くよ。

こうして、@を読み返してみると、「怪しさ」がはんぱないわ。

世間の人たちが宗教を一歩引いた目で見るのは、こんな怪しさを感じてるからなんだろう、

と、自分の事なのに、引いて思ってしまった。

やっぱり、体験してもらわないと、絶対、「外側」「見た目」だけでは、内容は伝わらないな。

なにを体験するかというと、「悟り体験」なんだけど。

そればっかりは、皆が体験する事ではないのでしょうがないか・・・


だから、まあ、とにかく、あたしはあたしの書きたい事を書く。

あたしが朝起きてすることは、胸が重くないかの確認と、

「光になれますように」の祈り、までで、@が

書く事いっぱいになってしまった。



ああ、胸が重いか重くないかの確認ていうのは、

それはね、


胸が重いのが毎日続くと、「うつ病」になっちゃうからね。

(うつの一歩手前までを体験済み)

だから、続かないように、日中に、「重い原因」を取り去る努力をするんだ。

そのための「確認」。だいたい一週間以上重いのが続くと、危険ゾーンだよ。

寝てる間は、取り去れないから、起きてる日中に、一生懸命、どうにかする。

たとえば、話し合い。具体的な修正案を出す。愚痴をこぼす。など。

アサーティブネスを勉強・実践するのが、一番てっとりばやくていいかもしれない。



ああ、それから、自分がうつ病じゃないかとか心配してる人がいるかもしれないけど、

うつ病は、かかったら、すぐ、わかるから。

朝、目が覚めて胸が重い、んじゃなくて!

朝、胸がはりさけそうにドキドキして目が覚める、時が、うつ病。


目が覚める順番が逆なの。


目が覚めて胸が重く感じるんじゃなくて、

胸が重いから目が覚めるの。


その時がうつ病になった時。

そして本当にうつ病になってしまったら、「自分はうつ病かも…」なんて絶対に思わない。

うつ病を認めない。

人から指摘されるのだけど、絶対認めない。

その時が、真に発症した時。



あれ、また余談で長くなっちゃったよ・・・


Bに続く。


posted by 辰多みか at 00:01 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。