2013年03月17日

あたしのなりたいもの


あたしは、

数学者になりたい。

思想家になりたい。

哲学者になりたい。

それで、それを視覚化するために、芸術家になりたい。

数学は「美しい」から。


ああ、生活の糧を得るための職業とは、別ね。



もうね、人生半分すぎたっぽいけど、

あたしのなりたい、夢なの。

ついでに(ついでといったら自分の体に失礼だけど)

自分の「美しさ」も、磨いて出すの。



それでね、どうすればいいかっていうと、

今すぐなっちゃえばいいの。

今すぐ、幸せになっちゃえばいいの。(これはひとりさんの受け売り)


て、頭ではじゅぶんわかっているんだけど、

なかなかできないんだよなぁ〜

できないように、自分で自分を抑えこんでるとさえ感じるんだよな〜。


あたしの人生の分岐点は、まあいっぱいあったんだけど、

ここへ引っ越してきたのは、大きい、それは大きな影響があった事だったね。


そこから、あたしは動けないでいる。

もう8年も経つのに。

少しずつ、前進しているのは、ハッキリ感じるけど、

解決しないで先延ばしした「宿題」が、なんどもあたしの目の前にやってくる。


だから、やっぱりその「宿題」は、解決しないと、なくならないんだな。

ここのところ、良い「自己主張」ができて、

アサーティブを学べる機会(シミュレーションじゃなくて、実践で!!)が

いっぱいあたしの元に来て、

前進、前進、してるな、と思う。


すこしずつ、動けるようになってきてるなと思う。

とりあえず、今度の水曜日は、ひとりカラオケに行くんだ〜〜。

昨日、とってもいい所を見つけた。もう、通う勢い。


数学の美を視覚化する芸術は、

美術だけじゃなくて、歌・音楽もだよ。

あたしが唯一(?)自信がないのは、文字(の汚さ)なんだけど、

歌と絵は自信があるよ!!

だからそれで表現するの。


できるといいな〜


というか、する。



天にむかって宣言する。するって。



posted by 辰多みか at 00:00 | 自分 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。