2013年03月29日

マクドナルドを好きな理由


あたしは、マックが好きだ。

味とかじゃなくて。
味だったら断然モスバーガー。(あ、ハンバーガーショップ中という意味でね)

同じ理由で、ディズニーランドが(シーも)好きだ。
あたしは、別に乗り物が好きなわけじゃない。他の「遊園地」は、どうでも良い。

日本の自動車会社だったら、断然一位は、トヨタだ。

それは、あたし好みの車があるからじゃなくて、
会社の体質。なにかの評価を読んだとかじゃなくて、
実際、日本のいろいろな自動車会社に触れて、感じた、
内面からにじみ出てくるモノ。

それらに共通するモノは、

「気」が巡っているかどうか。

一般的な言葉でいうと、「活気がある」って感じだけど、
人で賑わっているという意味の「活気がある」ではない。


店がわの、「気」。


新鮮な空気。新鮮なおもてなし。空気が流れて(風を感じるわけではない。エネルギーの流れを感じる。)

水が流れて(これも物質的な水ではなくてエネルギー。)

人の考えが、流れて。(これもエネルギー)

エネルギーが流れて、というより、動いて、かな。


エネルギーを動かして、相手の中にはいり、また出て、違う相手に行く、

それが良い循環で、動く。巡る。

それを感じる。


だから、マックが好き。

ポテトがあつあつだから。

ポテトをあつあつで提供しよう、という心構えが、エネルギーになって動いてるから。

(これはポテトひとつのお話だけど、店全体のことにも言えるよ)

そういう場所が、好きなんだ。




posted by 辰多みか at 00:00 | 気の交流 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。