2013年04月08日

反対言葉は反対にならない。


昔から不思議だなと思ってたこと。

反対言葉をとなえても、全然反対にならない。


たとえば、こう。


あたしはあなたが嫌い。


反対言葉は、


あなたはあたしが好き。


どうだ?

「あたしの気持ち」は反対になってるかな?
なってないね〜。
なってないねというか、どうなのか、さっぱりわからない。


たとえば、こう。


このアイスクリームは冷たいです。


反対言葉は、


あのホット脱脂乳は温かいです。


やっぱり反対にならない。

どうなってるかっていうと、鏡にうつしたむこうがわっていうか、

対極してる何か というか、

なんかそんな感じ。


それがね、それが、この世のすべて(?)だと、

うーん、なんていうか…この世の理(ことわり)だと、

あたしは思うんだ。


そうだね、かみさまがふたつにわかれたのも、

こんな感じなんじゃないかなと思うんだ。




posted by 辰多みか at 00:00 | ひとつの神と八百万の神 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。