2013年04月27日

ちかくにマスターがいたわ


あたしは、

掃除機をかけている時とか、

車を運転してる時とか、

あたまの中が、ぐるぐるぐるぐる、この日記にかいてあるような事で

うずまいている。

ここに書けるのは、その1/10くらい。

全然時間がない。


あと、あたしの仕事は、頭を使う仕事なので、

仕事をはじめようとすると、頭に、まさに、文字通り血がのぼって、

思考も活性化されるので、ちょっとこのぐるぐるの方に気を取られると、

仕事そっちのけで、考えぬいてしまう。それか、自動書記みたいに書き出す。

今がそう。


どうにかしたいんだけど、ほんと。


で、ぐるぐるぐるぐる考えて、それが本当に本当か、インターネットで検索する。

で、いつも、本当だ、と結論がでるんだけど、それ以上に収穫があったりする。

「悟り」の瞬間は、えもいわれぬ幸福感があるとか、

(あたしは無かったよ) いろいろ。


で、まさに悟りのマスターとよべる(あたしが勝手に)ような人たちがいっぱいいて、

その人たちのブログをお気に入りにいれてたまに見たりしてるんだけど、

そのうちのおひとりが、実は、同郷ということが、ゆうべ判明した。

わー、これを探していたんだよ〜。


今まで見ていた人たちは、


イギリスのひと。

奈良のひと。

沖縄のひと。

大阪のひと。

住所不明(関東っぽい)のひと。


とかいたんだけど、これは本当に近くだ!

嬉しい! 道場もある! なんとかセミナーとかと違って、安いぞ!


と興奮してしまった。

やー、この春なにか、あたしに新たな動きが起きそうだわ。


posted by 辰多みか at 23:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。