2013年05月07日

かけ算は1からはじまって〜、たし算はゼロからはじまる


あたしが前にね、書いた、この宇宙のかたち。

原点は、ゼロじゃなくて、1 のような気がする、と書いた日記。

そう、それは、かけ算(わり算も含む)のことなんだ〜。

たし算は、ゼロからはじまっても問題ないけど、

かけ算は、1からはじまらないと、問題有り、なんだ〜。


たし算の、はじまりゼロは、ホンモノのゼロではなくて、

実は、見た目のゼロなんだけどね。

そこは、1でも2でも良くて、ただ、定規の目盛を、ゼロに合わせてる

というだけなんだよ。

ああ〜あたし、説明がヘタだ〜。


ちなみに、ひき算というのは、たし算と進む方向が逆だよ、という意味しかないよ。



ゼロには、3種類あるんだよ。


ほんものの、ゼロ。

見た目の、ゼロ。

ほぼゼロ。


この、あたしたちが生活している世界で使っているゼロは、

"見た目のゼロ"と、"ほぼゼロ"しか、使ってないよ。


足し算引き算で使う、見た目のゼロと、

実用数学用の、ほぼゼロ。

ほぼゼロは、微分積分に必要。

この世は、数式では、近似値でしか表せないの。

ほぼゼロは、逆数にすると、無限大になっちゃうの。

「空 くう」は、ほぼゼロだよ。


ああ、精神世界では、あたしと他人の間は、

ほんとうのゼロ、なんだけどね。



posted by 辰多みか at 23:00 | ゼロの正体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。