2013年05月14日

至高と完全な無は体験してないんだよなー


あたしは、あの、浜名湖の横の道を車で通ってる時、

突然悟って、

(浜名湖に行ったから悟ったんじゃない。車の中で

ずっと自分の苦しみについて考えていて、

悟った時に、たまたま浜名湖だっただけ)



心が、痛くて、

悟ったら、

びっくりして、


「あぁ↓」って言って。

痛くなくなって。



びっくりしすぎて、それだけだったな。



そのあと何年も、その感覚を思い出したいな〜と、ぼんやり思うだけだったけど、

去年、本格的に思い出そうと、この日記を書き始めた。


そうしたら、やっぱり、書くっていいね。


徐々に思いだしてきたよ。


そして、いろんな人の経験談も、検索しはじめた。

そうしたら、「とてつもない至高感」とか「幸福感」とか、体験してるじゃないの、みんな。

あたしが一瞬で終わってしまった悟り状態が、一週間も続いたとか。


うーん、いいなぁ。



あと、「完全な無」とか「絶対的な無」とか「完全なる静寂」とか「漆黒の闇」とか、

そういうのを体験してる人もいるのよ。



あたしは、ソレ無かったなー。



統計学で神を見た時に、


本当のゼロと、見た目のゼロと、無限小をゼロと勘違いするゼロがある事を、体験したけど、



その事なのかなー??

ちなみに、みんなが「完全な無」と思ってるのが何かはあたしは感じ取れないけど、

「本当のゼロ」は、「自我が有る」という事だと、あたしは感じるんだよ。



で、「無から有が生まれる」、「空(くう)」とみんなが思ってるのは、

あたしは、「無限小」のことだと思うよ。



そのふたつを体験したいの。

至高と完全な無

憧れるー。


でも、「体験したい」て念じてると、絶対体験できないからねー(笑)


うまく忘れよう…(←コレもダメ・笑)



posted by 辰多みか at 23:02 | 悟った時のこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。