2013年06月04日

数の事をずっと考えていたい、という願いはちょっとヤバいと思った。


ヤバいって、いっちゃってる系の人とかいう意味じゃなくてさ。

今風の、「良い」という意味のヤバい、でもなくてさ。


あたしは、数の事をずっと考えていたいわけ。

どうしてかというと、仕事をしてると、頭は仕事の事だけ

考えてるから(計算したり脳内モデリングしたりしてる)

数の世界の秘密を解き明かす時間が少なくなっちゃうの。

時間が少ないと、もしかしたら、あたしの一生では、たどり着けないかと思って、

焦っちゃうの。


だから、ずっと考えていたいな〜と切望するわけなんだけど。

(ちなみに運転してるとずっと考えていられるよ。掃除機かけてる時とか)


その願いって、ある意味あたしにとって、とても最適の状態でかなうかもしれない、と

ふと思ったんだ。

そして、それがヤバいな、と思ったの。


どう、叶うかと、いうと。


あたしは半身不随になって(半身どころか全身)、

寝たきりになって、もう、家事もなにもしなくてよくて、

一生ケガ人だから、する事は、寝てればいいだけなの。

寝てる間は、もう、することないから、数の事ばかり考えられるねー。

…という事。

ヤバいです。


数の事だけずっと考えていたい、なんて、真剣に願ってると、

そうなる確率もゼロじゃないな、と思ったの。

だって、あたしにとっては、願ったり叶ったりかもしれないよ。

それは、あたしにもわからないけど。


だから、この願い方は、ダメだ〜、と、思った。

考えに良い悪いは基本、無いけど、これはダメだ〜と思った。


だから、ずっと考えていたい、んじゃなくて、

んー、元気で考えていたい、とか、

たまには考えたい、とか、

体は元気でよく働いて、考えたい、とか、


そうしないとヤバいなー、



思ったんだ。


「願い」って、

叶うからさ。

本当だよ。


posted by 辰多みか at 23:02 | 自分 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。