2013年06月08日

杭を抜く方法


ドラキュラはさ、くいを打たれると、死ぬじゃん。

朝日をあびても、死ぬじゃん。


"それ"だと思うんだよな。方法は。


"杭"は悪くないんだよな。

打たれてる方が、悪い。だからドラキュラが消えてしまえばいいの。

まあ、「悪い」も語弊があるのだけど…


ちなみに、「杭」は「悔い」だとか思わない。

言葉遊びはあたしは嫌い。

言葉遊びをするかどうかは、個人の自由だけど、

きちんと事実に基づいた漢字の由来を調べてからにしてほしい。

(だから、間違った名前が世界に氾濫してると思うよ。

今朝も、「ハナショウブ園で、"ショウブ祭り"を開催します」、

とテレビで紹介していて、げんなりした。

テレビが勝手に言ってるのではなくて、園側から、"ショウブ"と

ハッキリ提示されているのだけど。

ちなみに、過去も書いたけど、「ハナショウブ」と「ショウブ」は、まったく

違う植物だよ。

どのくらい違うかというと、「アヤメ」と「サトイモ」くらい違う。

そう、「アヤメ園で"サトイモ祭り"を開催します」と言ってるのと同じ。)



杭を抜く方法は、

抜くのではなく、


打たれている対象物に、光を当てる。

すると、対象物が、消えてしまう…

「消えて」と願って当ててはいけない。そう願ってると消えない。


光を当てる理由は、よ〜〜く、見たいから。

よ〜〜く、見るんだよ。目をそらさないで。

そうするとね、あたしはできないんだけど、

「ありがとう」って言葉しか浮かんでこないんだって。

それがあの日神様に教えてもらった答え。



あなたは、自分を襲おうとしているドラキュラに「ありがとう」って言えるか?

うーん、あたしは、まだできない。

この溜まってるのを発散しなければ。

ということは、今、発散する時期か。


たぶんね、ドラキュラに見えてるのは、やっぱり自分の錯覚で、

それに重なって、「本当に自分が見たくないモノ」が

隠れてると思うんだよな。


むーん。

道が長い。



あたしは言葉遊びは嫌いだけど、

本来の意味でなら、言ってもいいと思う。


「ありがとう」

「有難う」

「ありがたい」

「有り難い」

「有り難き」

 ・・・

「コレなかなか無いよね!」てことだね。

「あるの? ウッソー! ラッキー」くらいの意味だね。(昭和…?)

間違っても、「こんなの有るわけないじゃん」の「有り難い」ではないよね。


日の元にさらされて、「居るの? ウッソー! 俺ラッキー!」

と言われたら、言われたドラキュラのほうが「ありがとう…ボクをちゃんと見てくれて」

と、

言うのだと思うよ。


あははー、

でもあたしは、まだ全然できないー。

許す前にやる事があるー。


posted by 辰多みか at 23:01 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。