2013年06月26日

両極を見る目


「なっとくする無限の話」という本を今年の2月に読んだのね。

そこに書いてあって、あたしが目を見張った、「数の世界の形」。


それは、あたしが「この世の形」と思っていたものにそっくりで、

そして、その元ネタ(?)は、特殊相対性理論における、

「光円錐」なのだろうけれど。

その空間は、ミンコフスキー空間というんだ。



その本の中では、この円錐を、両極が見える特別な目を持った宇宙人が見ると…

という、とても素敵なお話が展開するの。たとえなんだけど、わくわくするよ。

その、特別な目 とは、顔の右にひとつ、顔の左にひとつ、の、180度離れた目 なんだよ。


そういう"視点"で、光円錐を見てください、と、本では言っているの。

光円錐は、一枚の、まっすぐな板で、すっぱり、切られているんだけど。

その視点で見ると、すっぱり切られた"面"は、上下が逆になって、中外が逆になって、

そして、ひとつの円になるんだよ。

もともと、ふたつの光円錐を切った、ふたつの切り口面なのに、だよ。


うーん、言葉だけで、伝わるかな!?



180度離れた特別な 目 で見ると、


ふたつなのに、ひとつ。

上なのに、下。

外なのに、中。

無限なのに、有限(にみえる)。

放物線なのに、円。



これって、やっぱり心の世界だよね〜。

悟った時に感じた、「アレ」だよね〜。

両極って、180度離れた目で見ると、

いっぺんに、ひとつに、見えるんだよね〜。



やっぱ、数で、神様のシルエットを、

なぞる事ができると思うの。


posted by 辰多みか at 23:03 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。