2013年09月03日

「自我」の厚さはおよそ3ミクロン

あたしはね、思うんだけど、
「自我」って、目で見えるんだ。

オーラみたいに、がんばって、見るものではなくて、
実は・・実は・・・、

この世で生きている、誰もが(誰もじゃない、ごめんなさい目が見える人だけだ…)
目を開ければ、常に、見ている。

「自我」を。


「自我」は、薄〜〜く、視界に張り付いているから、
まるで見えていないように、見えるの。
そう、目に張り付いたウロコみたいに。
だけど、人は常に、この自我を通して、くもった世界を見ているのよ。

たとえが、あっちゃこっちゃで、混乱するかもしれないけど、
ホントは、視界や目に張り付いているのではなくて、
自分自身の全体を、卵のカラみたいに、覆っているのが自我 だと思うんだけどね。

なんでそう思うのかというと、一度その くもり が晴れて、
視界が、キラキラ したのを見たから。

見る世界は、すべてが純粋だった。
くもりが晴れた瞬間。

あたしは、その状態は、一瞬で終わったけど(笑)。

鏡やガラスにつく くもり は、測れるんだよ。
目に見えて汚れてるってわかるホコリではなくて、
うす〜く、くもってるかな?と感じる程度の、くもり。


あたしは、何度も測った事がある。

それは、だいたい3μm(さんみくろん さんまいくろめーた さんまいくろめーとる)くらいなの。
少し前に、中国の大気汚染関連で、PM2.5 (ぴーえむにいてんご) というのが話題になったじゃん。
粒の大きさが 2.5ミクロン くらいだから、そういう名前なんだけど、
まさに、このくらいの大きさ なんだよね、ガラスのくもりって。

マイクロメータ という、測定機器で簡単に測れるの。
とってもアナログな機器だけど、ミクロン単位まで簡単に測れて、数値が目で見えるのよ。
「自我」は測れないけど、だいたいこのガラスのくもりくらいかなと、あの時目で見た感覚で、思うよ。


posted by 辰多みか at 22:50 | 悟った時のこと | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。