2013年09月26日

「神の数式」の答え。

この間のNHKの「神の数式」第一回・第二回。
なんか知らないけど、面白かったな〜。
むかーし昔、NHK特集を見て、ワクワクしたのってこんな感じだったなーと
思い出したな。
まあ最近(去年)も、ダイオウイカを見てワクワクしたばっかだけど。
昔のは、「コスモス」とか面白かったな。カール・セーガン。
あらっ、コスモスは朝日テレビだわ。

「神の数式」が、今後、どう発展していくかは、あたしはわからない。
あたしが"感じる"のは、神は、ひとつの数式では表せない ということ。
そのたくさんの数式を、代入して代入して・・・式を整えていけば、
ナニか、出るのかもしれないけど…

今の物理学体系のままでは、「神」を表す事はできない。
なぜかというと、今の物理学体系は、全て「近似」で成り立っているから。

しつこいくらい書くけど、
本当の何もない 「ゼロ」と、
極限の、ほとんどゼロだけど「無」ではないゼロを、
いっしょくたにしてる時点で、ダメだ。

無限大と無限小とゼロの所に、生命の秘密があるんだから、と、あたしは思う。

数式がどうなるのかは、あたしはわかんないけど、
「答え」だったら・・・想像つくよ♪

イコールの、右側 だったら、わかるよ。


その「答え」はね、


「1」だよ♪
(断言したー笑)


むしろ 1 にならなければ、神とは言えない。(キッパリ)
ワンネスを経験した人は、わかるよね。



1 かー、どうやって導きだそうかな。

この世は2乗ででできている(→『世界は2乗でできている〜
自然にひそむ平方数の不思議』小島寛之サン 未読です)
のだったら、

(-1)^2 =1 で、
オイラーの等式の2乗 とか、どうかしら。
みんな考えつきそうだな。

※→第1回の感想♪
※→第2回の感想♪


posted by 辰多みか at 16:00 | 「1」と「0.99999…」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。