2013年10月04日

パウリの排他原理

●ボゾン
ダーツで、矢を投げます。
一回一回当たる度に、矢を引き抜いて、
当たった場所(点数)をカウントします。
矢を投げる回数を多くすれば、点数はどんどん上がるよ。


●フェルミオン
ダーツで、矢を投げます。
矢は抜かずに、そのまま置いておいてね。
中心に当たって、高得点!
次の矢も中心に当たりそうで高得点が
出そうだったけど、矢がそこにあったので、
矢に跳ね返って、低得点の所に刺さってしまいました。
中心には、もう当たれないし、
中心どころか、矢がすでに刺さってる所には、
もう刺されない。
だから点数がなかなか上がれないよ〜。


と、思いました。
あたしは。

・・・間違ってる?


posted by 辰多みか at 14:36 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。