2013年10月04日

パウリの排他原理A

●ボゾン
40人のクラスで、テストをしました。
欠席は無く、40人全員が受けました
10問で100点満点のテストでした。
結果は、
50点の人が10人、
40点と60点がそれぞれ5人、
30点と70点がそれぞれ4人、
20点と80点がそれぞれ3人、
10点と90点がそれぞれ2人、
0点と100点はそれぞれ1人でした。

●フェルミオン
40人のクラスで、テストをしました。
欠席は無く、40人全員が受けました。
先生がテスト問題を配りましたが、
適当に配ったので、各列の後ろで
多い、足りない、と騒ぎになりました。
全員に行きわたったところで、
問題が一枚余りました。
適当に配った末の事だったので
余った一枚を持っていた生徒は、
「先生、これ、いりません!」と
迷惑そうに言いました。



・・・間違ってる?(笑)


posted by 辰多みか at 15:15 | 統計学・確率・虚数・数の風景 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。