2013年10月05日

悔しいと口が曲がる

昨日は、いっぱい日記を書いたな〜。
パウリの排他原理の事を一日中考えちゃって、
(ずっと家にいたワケではないよ)
あれもこれもって書いたからな〜。
いまさらだけどひとつにまとめたいわ。
ボゾンが、「力」だけじゃなくて「価値」や「値段」を伝えるイメージが
沸いてきた事に、自分のイメージながら、興味深く思ったわ。
という事は、「力」と「価値」、「値段」は同じものなのかも。
「価値」によって空間は、歪むのかも。
(ていうか逆でね、歪みの大きさが、「価値」の大きさになるのよ、たぶん。
ていうことは、「価値」は高次元に、しみ出しているわ)

実際、昨日考えていた事は、超弦理論ではなぜ11次元時空が必要なのかって
事だったんだけど。
(その計算方法は、とっても、カンタンなんだよ〜)
なぜかボゾンとフェルミオンの事ばっかり書いちゃったわ。

さらに、実際、昨日考えていた事は…
ホントは、朝とっても悔しい事があったの。
くやしい、くやしい〜と、思ってたの。
悔しい〜〜!!と心の奥から湧き出るままに居たら、
超弦理論の事ばっかり考えちゃったんだ。
へんなの。(笑)

悔しい事って、身近な家族の事ではないよ。
舅姑夫子供、直接には、ま っ た く 関係無い事。
悔しい…というより、よ〜く自分の心に聞いてみると、
羨ましい、が、本当みたいだな。
それで、その「悔しい…羨ましい…」を心で感じてたら、
口が、まがっちゃうのね。
すごいね、人間のからだって。
心と体は、見えないあやつり糸で吊られているみたい。

口をまげながら、(自分の意志でまげてるわけじゃないよ笑)
悔しい…と思ってると、なんで悔しく思うのか、
反応する大元の、心の傷が見えてくる。
やっぱり、「あたしはこの家に縛られてる」、と思ってるんだね、あたし。
そうじゃないよって、悟ってわかってるはずなのに、
やっぱりそう思い込んでる。

あたしは行きたい所へ、行けないんだ。
友達は、そこへ自由に行けて、とても楽しい時間を過ごしたみたいだ。
その予定の日すらあたしは記憶から消しちゃってたけど(どうせ行けないから)、
楽しい事後報告を、唐突に目にして、猛烈に悔しくなったんだ。
あたしは、手首足首に、実際、ホントにおもりがついているんだけど、
はずす事もできるんだって、自由になる事もできるんだって、
わかってるけど…できない。
感謝すればいいんだろうって、うすうす感じてるけど、
それも、今のところ、できない。
うん、なんかまとまりがなくって、マイナスオーラ全開の日記だけど、
まあこういう日もあるよ(けっこうしょっちゅうあるよ笑)って事で、
書いておきます。
超弦理論の、次元計算式は、また、あとで。


posted by 辰多みか at 22:56 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。