2013年10月24日

50Hz・60Hz ごじっへるつ・ろくじっへるつ

関東と関西でさ。
うんもっと細かく言うと、静岡県の真ん中を境に、東と西とではさ。
電気の周波数(Hz)がちがうじゃん。
東が50Hzで、西が60Hz。

あたしは、幼少の頃、東から西へ引っ越しをして、
引っ越しした当日、ことごとく電化製品が火を吹いて、
恐ろしい目にあった事がある。
周波数のせいで。
(いやホントはそんな発火とかは無かったんだろうけど、
子供だったから、母が騒いだ事をおおげさに記憶している)

だから、東が50→西が60でパワーが大きくなりすぎて大騒ぎ、
で、テストの暗記にとても役立った。←転んでもタダで起きない。(笑)

ナゼ東と西で違うのか、ナゼ日本という国は、国家として
統一しなかったのか、ものすごくみんな不便に思う事だと思うんだけど、
その発端は、ただの、会社どおしのライバル心ていうか、
あっちがアレならうちはコレみたいな、
そんな、かんがえなしの事だったんだよ〜…

いち会社どおしの事だから、国家が介入してくるハズ無い。
(その事の大きさに気が付くのは、それからずっと後だ)
まるで、ソニーのベータかビクターのVHSか、だよ。
まあ、ビデオテープくらいだったら、生活にあんまり影響ないからいいけど…。

周波数というのは、一秒間に、何回転してるか、なの。
50ヘルツだと、一秒間に、50回転 してるの。
タービン(=軸に付いた磁石)が。
わりと早いね。(笑)
ぶんぶん回ってるね。
一分間だと、3000回転だね。(50回*60秒)
まあそんなもんかな。熱そうだな。
風力発電の風車は、ゆったり回ってるけど、
たぶん、軸の途中で、ギアボックスがついてて、
回転を増速させてると思う。

ちなみに毎分3000回転を、工学っぽく書くと、こうなるよ↓。
あっ、パソコンで書けないっ。
3000min^-1 か 3000rpm て書く。
前者を使うのは最先端で、後者を使うのは昭和の人だ…。

3000min^-1(まいふんさんぜんかいてん)
 本当は、-1は右肩にちょこんと小さく乗せて書くの。ふつうにパソコンで書けない。
 (wikiとかどうやって表示しているのだろう…)
 min^-1 というのは、minの逆数をかけざんするよ って意味だよ。
 minは、minit(1分)という意味の単位で、minの逆数というのは、1/min という事なの。
 つまり、いっぷんあたりで割った値だよ って事だから、毎分 ていう事なのね。
3000rpm(さんぜんあーるぴーえむ)
 rは、ローテーション。回転。
 pは、パー。 ○ぶんの□の"ぶんの"の意味ね。/ と同じ意味だよ。  
 mは、ミニット。minit 分 いっぷんて意味ね。
ちなみに、パーセント の、パーと、このパーは、同じ意味だよ。
パーセントだってほら、% 、○/○、○ぶんの○ じゃん。
セントは、「100」の略語だよ。
だから、パーセントは、/100 。 ひゃくぶんの。 ひゃくでわると〜。 って事なの。


posted by 辰多みか at 16:14 | 電圧・電流・抵抗・愛 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。