2013年11月01日

響子さんの病気

きのうはあたしの「潜在意識」=インナーチャイルド+前世の傷=本当の自分=全生命の源=神と定義されてきたもの の、「ヤだっ」っていう声に従って、ブログを書きませんでした。
ネタはいっぱいあるのにだよ?
ちなみに書きたい事を思いついた時に、紙にメモするんだけど、
昨日メモしたのは4つあって、それをちょっとここに書きうつしてみると、
・ねじピッチの歴史のはなし・モジューロ・超能力→夢・本の中身を見ないでもわかる です。
なんじゃこりゃ〜 だけど、書きたかったのです、あたしは。
(これは昨日書いた4つであって、メモにはさらに、文章にしてないネタがたくさん書いてある。)
でも潜在意識のあたしは、「他にやりたい事があるから」と言って、ネットサーフィンを続けた。こら。
昨日一日、ネットで見てしまったのは、響子さんの病状についてと、
響子さんに、あたしがどう対応したら最善か、ということだった。

すごく有意義な、一日だったと、おもうよ…
そして、わかった事は、今まで数年前から見てきたものと、情報は変わってない、ということだった。
(これは、昨日の一日は無駄な一日だったという事でもある)

響子さんの病状は、
・自律神経失調症
・心身症
・パニック発作
・緊張性頭痛
であり、

あたしがどう対応したら良いかは、
・傾聴

なのです。
それを、再確認、したのです。
あたしは、響子さんが苦しんでいる症状に別の病名がある事を、期待していた。
でも結局、これしかなかった。

そうなのです・・・
この答えに数年前に行きついているのに、
あたしは、傾聴を、したく ない。

したくないの。
あんな、ものすごい察してチャンを、察して あげたくない のです。

何度か、「精神のせい」「気持ちのせい」「原因は精神的なもの」と、
本人に、ハッキリ、言ったことがある。
ほんとうに、ハ ッ キ リ 。

そうしたら、それを聞いた響子さんは、別の人に、
「みかさんに、気のせい と言われた。」と言って、涙ぐんだそうだ。

ちがうだろーーーー!!
それ、意味、ちがうだろーーーーーーーーー!!!

あたしの言い方が、たぶんキツく感じるので、真意が伝わらないの
だろうとは思うけれど、「その体の症状が幻」 だとは、一言も言っていない。
体は、正真正銘、苦しいと思うよ。

あたしは、「あなたは、精神病だと思う。」と、うやむやに伝えたのだ。
(うやむやすぎて伝わらないのだ。むしろ伝わらない方が良いのかもしれない。)
ガンの告知にも似て、「精神病」だなんて、普通の人は、聞きたくない。
実母が精神病だった事もあり、そのへんは、よ〜くわかっている。
だから、ものすごく難しい。

主治医の先生方も、うやむやに言葉を濁すことが何度もあり、
「緊張しやすいね!(笑顔)」「心配が強いみたいだね」
「この薬(デパス)は、肩の緊張をやわらげるからね。」
これらは、別々の、3人の先生方から言われた。
(神経内科2人脳外科1人)

響子さんは、あたしが言った、「精神的なもの」が、まったく受け入れられないのだ。
だから、あたしが間違っている、という事を証明したくて証明したくて、
ドクターショッピングをするのだ。
(そして毎回、上記のような同じ事を言われる)

言った本人に対して、目の前で、違うということを証明しようとしてる態度って、どうよ?
もしもあたしの考えが違っていたら、目の前で、どう言うの?
「ほ〜ら、あなたの言う事は間違っている。あなたの言う事を
聞かなくて良かったわ。」とでも言うつもりなの?
本当の意味で人に気を遣える人は、こっそり調べて、
「こんな事言うの、言いづらいんだけど、この病状は…」と、
言うのが普通なんじゃないかと思うよ。
少なくともあたしはそうしようと思うよ。
これはアサーティブネスな言い方だよ。
ていうか、こんなの(!)に一日費やすあたしって優しいなとか、自分で思っちゃうよ。
(いや一日どころじゃないです。結構調べてるよ。)

だから、完全に受け入れる、傾聴が、あたしはできないのだ。
(すみません、傾聴のテクニックは習ってないけど、
心構え、という事で、例に出してます)
だって、受け入れたく ないもんっ ぷんぷんっ

この段階で、数年、ぐるぐるぐるぐる回っているの。
これができたら、あたしにとって大変な学びで成長だし、
有意義だな、とは思うんだけど、
「本当のあたし」は、まだ、イ ヤ だ っ って、言ってるの。



posted by 辰多みか at 11:30 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。