2013年11月04日

みんな怖い

あたしはバカみたいだけど、
一日、家事に8時間かけてるみたいだ。
ぜんぜんお掃除しないのにだよ?
片づけもしないのにだよ?
指折り数えてみたら、そうだった。
ずーっと立ってて、気が抜けない、そんな時間が8時間。
仕事のほかに、8時間。
そりゃあ、仕事がフルタイムでできないハズだわ。

気が抜けない・・・なぜかっちゅうと同居嫁だから気が抜けない。
ただそれだけだ。
(気を抜くと、ヤられる 笑)
舅姑がいじわるかっていうと、まあそうではない。
普通レベル?
ふつうの、同居家庭。自営業。
同居がイヤな嫁にとっては、耐えられない、レベル。
あたしは、まあ、心の中で文句言いながらでも、別居する意志は毛頭ないレベル。
あたしに対しては、察してチャンで嫌味なレベル。
ごはんはもらえないレベル。
スィーツ…?有るわけない。
外出すると仲良い姑嫁演出のために、ヨロヨロと力なく歩く姑が
世間様に満面の笑みを浮かべながら、あたしの腕をとってくるが、
人がいなくなると、サッ!と払いのけられる、レベル。
家ではものすごく重い植木鉢を、何個も運び続ける姑。
そういうのはできるのに。(そしてもうやめなとみんなから言われてるのに)
ああ、でもこれらはいじわるじゃなくて、ホントに、同居の普通レベルなんだよ。
(これから同居する新婦さんは覚えておいてね。あたしは嫁チャンにやる気は無いけど)

怖いんだ。
みんな。
あたしも、姑も。みんな。
ヤられると思っちゃうから、
怖いんだ。

昨日もね、
ヤられた(笑)。

あたしだけ、果物が無かった。
まあ想定内だけど。うん、流れはわかってるから、予想通り。

そんで、
じりじりじりじり〜〜
心の中で、感じた。
怒ってるのか。
悲しいのか。
愛されてない(と誤解する)から虚しいのか。
前から何回も何回も、あたしにだけもらえないと訴えているのに、
このバカは記憶力が無いのかとか。
やっぱり性格が悪いとか。
そう感じながら、ひとりで台所でその果物の皮を剥いて、
何個も剥いて剥いて、剥きながら、食べた。
あたしは果物がほしいんじゃない。
食べたいわけじゃ、ない。
頭ではわかってるから、心の中の感じを、感じつくそうと思った。

いっぱい果物を剥いて、食べやすく一口大に切って、
タッパーに入れて、みんながすぐ充分食べられように、
冷蔵庫に入れておいた。うちは人数が多いからね。

心の中を感じつくしたら、
姑は性格が悪い。
そこに行きついて、あたしのじりじりする感じは軽くなってた。
あの人はダメな人。
で、それであたしの機嫌が、不機嫌か上機嫌かは、まったく関連が、ないの。
ダメな人はダメな人で、よし。
あたしはあたしで、よし。

んで、みんなに「いっぱい切っておいたから好きな時に食べてね〜」と
にこにこして言った。
嫌味じゃないよ。
嫌味と思う人は、きっと心当たりがあるから、そう思うんだよ。
それってあたしの事だ(笑)。

みんな怖いの。
果物を切りながら、姑がこんなことするのは、
怖いからだな〜って、本当に感じるの。
その、怖さの原因に、気が付くといいのにね。
そうすると、楽になるのにね。




posted by 辰多みか at 11:41 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。