2013年11月04日

片づけなくてもいい

あたしは、前記事に書いたみたいに、
家事に時間がとられるので、もうその他の時間は
なにもしたくないの。
というか、本当に自分のやりたいことを、やりたい!の。
でも、片づけとか、してないから、それを先にやらなくちゃ
好きな事をしちゃいけないっていう、呪いにかかっているの。

でね、夏にさー、片づけをやろう!って決心したんだけど、
あはは、まったく出来てないよ。
思えば思うほど、逃げ腰だよ。
昼寝してみたり。
いつもは見ないブログを見たり。

という事は、あたしの潜在意識は、「言いたい事」が、あるんだ。
「あたしは本当は片づけができる人で、片づけをしてもいい!」というのが
魔法の言葉だと思って、そう自分に言い聞かせてきたけど、
実は逆だったんだ。
ほぇぇー。

自分で自分に聞いてみたら、こういう答えが返ってきた。
「片づけをしなくてもいい!って、認めてほしい。」
って、あたしの潜在意識は言った。

ありゃりゃ。
それが本音か。
「しなくてもいい! って100%受け止めてくれたら、片づけする」って、
あたしがあたしに言った。
なんて困ったチャンなの。

あたしの実家はね、汚屋敷だったんだ。(というか現在進行形…)
カミングアウト。
精神病だった(過去形)り、どんだけ(笑)。

あたしはその中でも、片づけする方だったんだ。
そんな母親になりたくないと思ってた。
こどものころ浴衣を着ようと思って、たんすの底(!)からひっぱり出したら、
ねずみに1/4くらいかじられていたとか、ホント、どんだけ〜〜。
(汚屋敷のエピソードは語りつくせないくらい有る)
汚い家が嫌で嫌で、自分の2畳のスペースだけは、きっちり片づけていたんだ。

でもね、人って汚くても、生きていけるんだよね。
不思議だよね。
だから神様は全生命を全力で愛してるって事の証明なんだよね。

汚くしてもいい。

そう言ってほしいと、潜在意識は言っている。

母親みたいになってもいい。

そう言ってほしいと、あたしがあたしに言っている。

だからあたしの中の見えない力が無理やり抵抗して、片づけをしないの。

うーん。

もうちょっとかかるかなぁ。

はやくきれいな部屋にしたいんだけど。

うーん。



posted by 辰多みか at 11:42 | 呪いの正体 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。