2013年11月11日

トラウマの書き変え もののけ姫編

娘が急に「もののけ姫」を見たいと言い出して、
ツタヤまで借りに行ったのよ。
なんでいまさらジブリなんだろう〜と母(あたし)は、
疑問に思いつつ。

もののけ姫は、うちの家族、誰も映画館で見たことは
なくて、テレビで放映した時に、たまたま見た程度だったの。
なんか、あたしの印象では、腕がちぎれるとか
首がとぶとか…
わあぁぁぁ
な、イメージしか残ってなくて、やだな〜と、思っていたの。
たぶん最初から最後まで見たはずだけど、
覚えているのは、ししがみさま というのが、
鹿なのかなんなのか、なんでししなのか、
なんで透き通ってるのか、わからんな〜程度の記憶しかなかったの。

そして借りてきて、見た。
あたしは他にやる事があったので、最初だけちょっと見た。
あたしが、「うでやくびがとぶんだよね〜(嫌)」と言うと、
娘も「そうそう。ぐろいよね」と言っていて…
そしてその場面…

びゅーんと矢が飛んでうでがすぱぁーっ。
んん?
ぐろくないです。
んんん?衝撃度が少ないぞ?
娘も「あれ〜?」とか言ってる。
「あんまり衝撃的じゃない。」

なんでだ?

ふたりそろって、あんまり衝撃的じゃない。
あたしはおもわず言った、「進撃のなんとかとか見てるからじゃないの?」
「まみった のとか 見てるからじゃないの?」
娘も、「そうかもー」と言った。

あたしは進撃のなんとかとか魔法少女なんとかとか、
見てないのだけど、娘が録画していて、衝撃度の高い所を選りすぐって、
あたしに見せてくるのだ。
やー。

トラウマは書きかえられる、
記憶は嘘だから、書きかえられる、と、よく聞くけれど、
実感なかったし、やってみても実際どうなの?と半信半疑だった。
でもね、もののけ姫のトラウマは、簡単に書きかえられていたのです。
知らないうちに。

という事は、トラウマを解消するワークとか、
記憶を書き変えるワークとか、やっぱり効果があるんだわ、きっと。
うん、きっとそうだ。




posted by 辰多みか at 15:45 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。