2013年11月26日

アンドロメダ星雲とラヴジョイ彗星

今ちょうどね、真上あたりにアンドロメダ星雲があるよ。
M31(えむさんじゅういち)ね。
(あたしが子供の頃は、星雲て言ってたけど、
今はアンドロメダ銀河っていうのか…)

見付け方は、まずペガサス座の四角形の中の、カシオペアに一番近い星
(実はこれはアンドロメダ座の星)から、同じくらいの明るさの、
ひとつ隣り合った明るいオレンジ色の星を見つける。(これはカンタン)
そしてそのオレンジの星を端にして、カシオペアに向かって、
ふたつ並んでいるちょっと暗い星を探す。これはオレンジの星を含めて3つの星が、
だいたい等間隔なんだけどへの字にゆるく曲がって並んでいるよ。
への字が見つかったら、今度は、そのへを、まっすぐにしてみたい!って、
強く願ってね(笑)。目はそこを直視しないで、少しずらして見てね。
すると…そのまっすぐな等間隔な所に、ボワッとしたモノが、
見えてくるんだ…。願いが叶う瞬間(笑)。それがアンドロメダ銀河だよ。
明るさは4.3等星くらい。あたしは、メガネをかけた状態(1.2)で見えるよ。
裸眼だとたぶん0.7だけど、それでも、かすかに見える。
なんかwikipediaで見ると、大きさは満月の5倍とか書いてあるけど、
たぶん、そうなんだろうけど、目で見える部分は中心の明るい所だけで、
とてもとてもそんな大きく見えないよ。

アンドロメダ銀河の見え方と、彗星の見え方って、とても良く似ている。
双眼鏡で見ても、ボワッとしてるだけで、うずまきとか見えない。

ラブジョイ彗星の見え方も、ちょうどアンドロメダ銀河と、同じ感じで見える。
(見える位置は違うよ)

だから彗星探したけど見えなかったって人は、アイソン彗星が見えない今、
アンドロメダ銀河とラブジョイ彗星で、練習してみてはどうでしょう♪
(夕方アンドロメダを見て、夜4時〜5時半にラブジョイ彗星を見る)

アンドロメダを見ていたら、大きい流星を見たし、
楽しいわ〜。
天体に夢中になってた昔を思い出すわ。
望遠鏡は無いし、バードウオッチング用の双眼鏡だけどね。







posted by 辰多みか at 22:13 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。