2013年12月01日

クリスタルボウル

昨日、某所で、クリスタルボウル演奏を聞いたの。
とても興味があったのに、聞いたのは、初めてなんだ。
ん゛ーーー って、モータが回転して低周波の雑音を出してるみたいな、
頭の中の水分が共振するみたいな、
不思議な音色。

魚洗鍋みたいな。
グラスのふちこすったみたいな。
やさしい黒板のひっかき音みたいな(ひー)。

そうね、
この音色の中には、宇宙の秘密が隠されてる。
(あ、クリスタルだからじゃ、ないよ。音全般ね。)
音 波長 周波数 波 光 色 倍音 コイル 螺旋 虚数空間 見えないむこう側 素数の秘密

やっぱり、この世は、ホログラムなんだろうなーって、
演奏を聞きながら、改めて思ったよ。

物質だけではなく、
あたしたちの体も、
あたしたちの感情も、
そして、空間も。
次元も。

すべて、波に光を当てて浮かびあがるホログラム。
の、鏡像。
だと思うんだ。

この世に、本当に、真に存在しているのは、
大いなる存在、ただひとつだけ。
だと思うんだ。

あたしたちは「そこ」から、「ただひとつだけ」の中から、
このホログラムを、見ているの。
ただ見ているの。






posted by 辰多みか at 16:45 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。