2013年12月11日

いやだ!!

響子さん。
(あっ、前記事の続きは、またあとで書くよ)
自分の体調の悪さを、知ってほしいのか(てかみんな知ってるよ!)
人の顔を見ると、「あ〜あ、…はぁ〜…」て、おおきーくため息をつく。
響子さんの旦那サマは、華麗にスルー。
すばらしい技。そうでなきゃ長生きできんわ。
あたしは、ここでなにか反応しなくちゃ…と罪悪感がザワザワ。
で、結局、完全無視する。華麗にはスルーできてない。
白隠サマ的に華麗にかわすワザは「ああそうか」なんだよな…
「あっそう」て言ってみたい…

響子さんが体調の良い時に「今日は体調よさそうだね(笑顔)」と言ったら、
ものすごく不機嫌になって、こっちが嫌な思いをして、
何回かそんな事があって、もう、それからは完全無視。
なんで「良い」と言ったら、不機嫌なんだろうね(笑)。
その思考回路が気持ち悪いわ

響子さんは、調子のいい日と悪い日が、一日おきに来るそうだ。
調子のいい日は、棚を全部調べて、しまった箱を出して中身を調べ、
綺麗に整頓してもどしてを繰り返し、とにかくなにかをひっくり
返して調べて整頓してもどしてを繰り返す。
そして、ずっとよつんばいになって草を取ったり、垣根にはさみをかける。
すごい重労働だと思うんだけど、重労働だと思ってないみたいだし、
それをしないと自分は存在してはいけない、と思い込んでいるフシがある。
うっぜぇーんだよッ
はやく目を覚ませ!(もう時間ないよ!)
そして、垣根をやった次の日は、「はあぁ…」と調子が悪くよたよた歩いている。
あのー。
あたりまえだと思うよ。
ドクターストップかかってるし。
あたりまえだと思うよ。

今日も昼、垣根をやってるところを目撃してしまった。
そして、あたしの旦那サマに、「どうする?」と、聞いた。
「止めるかどうする?」というつもりで聞いたんだけど、
旦那サマは、「手伝えるんだったら、手伝ってやって欲しい」と、言った。

あたしは、瞬間、
「いやだ!!」と、はねのけるように返事をした。
自分でもびっくりするくらい。
旦那サマは、「ほら〜、そうだろ。そうだったら、どうするとか聞くな。」と、言った。
あたしは、「止めるかどうするかって聞いたつもりだったんだけど…」
と言ったけど、そうか、やっぱり、やっぱり、
ぜったい ぜったい ぜ〜ったい、「嫌」なんだな。
響子さんが醸し出してる「手伝って」は、ぜったい、嫌なんだな。
なんで「嫌」か、考えてみたけど、
過去、あたしがやられて嫌だったことを、やっぱり、いっぱい思い出して、
そして、それに「嫌」って本人に言えなかったことを、うらみに思ってるんだよな。
やっぱりちゃんとまだ、ノーって、満足するまで、言えてないなー。
言えてないから、また同じ問題が、目の前に出てくる。
やっぱりちゃんと本音を言いきらなくちゃ、だめだ。





posted by 辰多みか at 17:17 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。