2013年12月18日

覚醒したからといって「感じ」が良くなるわけではない

らしい。
あたしを常に見ている、旦那サマ談。
あたしは、しゃべる時の「感じ」が悪いんだと。
知ってるよ。
わかってるよ。
バカ笑いはするくせに、場をなごませるほほ笑みはしないこととか。
しゃべりが「キツい」そうだ。
そうだ、そうだよ。
覚醒したのにさー。
悟りの世界を見たのにさー。
フンフンッ ←コレだ!

しゃべり方がきついのは、自分でもわかってる。
すご〜く、ほほえんでるつもりでも、ズバッと言ったね、とか、
苦笑される時がある。
5年前よりは、確実に進歩してるつもりなんだけどなー。
少しずつしか変化しないな。
あたしは常に家にいるので、
世間との接点がない、というのも、進歩の遅さに
拍車をかけているのかもしれない。
やっぱり、アサーティブネスの教室とか、表現が学べるセミナーとか、
そういうのに、積極的に行ったほうが、いいな。
旦那サマは、あたしと逆方向で「コミュ障」と自己診断なので、
ふたりでそういうセミナー行こうかーという、話になっている。
うん、来年、そういうセミナー、行く〜。
心屋さんのオープンカウンセリングも行ってみたいな。
来年はいろいろやってみるぞー。
禅とか。
ブレスワークとか。
楽しみだ〜。



posted by 辰多みか at 19:55 | インナーチャイルド | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。