2013年12月22日

鏡の瞑想

一週間くらい前ね、
もう、手放し(降参・サレンダー)ができる準備が整った気がして、
さあ、では、瞑想をやってみよっかーと、思い立ったんだ。
というか、準備が整うまで、瞑想する気が、あんまりなかった。

阿部敏郎さんの、本。
正真正銘、悟った人、阿部さんの
正真正銘ホンモノ本「CD付 すべての「思い込み」から自由になる生き方」
ab1.jpg
ここから見ると、中身が半分くらい読めちゃうよ〜↓(アフィリエイトリンクじゃないから安心してね♥)
http://www.amazon.co.jp/CD%E4%BB%98-%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%80%9D%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%80%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E7%94%9F%E3%81%8D%E6%96%B9-%E9%98%BF%E9%83%A8-%E6%95%8F%E9%83%8E/dp/4806147761#reader_4806147761

(あっこれに限らず、聖書・お経に代表されるように、
こういったたぐいの悟りの事を書いてある本は、
「悟りの本当の事」は書いてあるけど、これを読めば
悟れる、という、ハウトゥ本では、ないからね。
これを読んでみんな悟れるのだったら、聖書を読めば
みんなとっくに悟れちゃうんだからね。
ただ、CDを実践すれば、悟る人もいるかもしれない。
悟りは、体感 だから。)

この、付録CDに入っていた、「鏡の瞑想」というのを、
やってみよう〜〜と、ワクワクしてやってみたんだ。
このCDには他にジベリッシュ瞑想というもののやり方も
入っているんだけど、そっちは、ちょっと大声を出すので、
家の中では無理だな、と思って、鏡の方にしてみたんだ。
(ホントはジベリッシュ瞑想をやってみたい。山にこもって
やってみたい。ここは山だけれども。
カラオケ行って、やろうかな〜。)

で、
やってみた。
やってみたのは、先週の土曜日の真夜中だったかな。
「鏡の瞑想」は、ちょっと、怖い んだ。
おばけやしきに行ける勇気のある人しか、できないと思う。
だってシチュエーションが、怖いし。

暗闇で、ろうそく一本だけで、
じっと、目の前の鏡を凝視するの。
(あたしはLEDのブックライトで代用してしまった)
まばたきは、しちゃダメなの。
30分くらい、ガマン。(でもわりとガマンできた!もともとドライアイだからか)

すると、自分の顔が、
パッパッパッと、瞬間的に別人に変わっていくんだよ!
その時の感じは、左右の目が、
交互に主導権を交代していく感じ。
右、左、右、左 って感じで、
顔の角度が規則的に変わる、別人の顔が、
パッパッパッて出てくる。
すごくおもしろい!
すげー、 て、夢中になって見ちゃったわ。
色が黒くなったり白くなったり、
男だったり女だったり、
だいたいは、年寄りだったな。
男が多かったな。
そして突然、自分の顔が見えなくなっちゃうの。
あたしは、「ブラックアウトだ…」と思ったけど、
そもそもブラックアウトの定義ってなんだ?
その時、瞑想状態になる、らしいのだけど、
あたしはもう寝たかったので、
瞑想状態は解除して、寝ることにした(笑)。
うん、「鏡の瞑想」のおためしをやりたかっただけなので…

だから、もう少ししたら、思う存分「鏡の瞑想」を
やってみるよ。
できることはわかったので。
水晶透視も、できることはわかったので。

楽しみ〜。








タグ:ホンモノ本
posted by 辰多みか at 11:42 | 不思議な話・過去・前世 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。