2013年12月23日

感情の解放

「覚者」は、言う。
「ときには感情の解放が大事だ」と。
「大自然の中で。」と。

あたしは、それ、なに言ってるか、わかってなかったんだなー。
感情の解放?
大自然の中で?

あたしがイメージしてた事
→きれいな海を見て、「きれいー」と言う。
→大きな空を見て、「きもちいいー」と言う。
→かわいい動物を見て、「かわいいー」と言う。
→おいしいものを食べて、「おいしい、しあわせっ」と言う。

・・・

きのう、ハタ、と、気付いた。

い、いや、いやいや、そうじゃない!
「覚者」が言う、「大自然の中での感情の解放」って、そうじゃない!


こうだっ!

「バカヤロー!!○ねッ!」
「おまえなんか○○○○!」←とてもまともに人に聞かせられないコト。
「うわああああああああああああああああああああああああ」

こうだろ!
もう、もう、ぜったい、そう!

だって覚者(アタクシ)がそう思うんだもん(笑)
ぜったい、そう!
だから大自然なんだ!

なんか、安心したわー。
あたし、そんなコト言っちゃいけないかと思ってガマンしてたけど、
これからは、大自然の中で、おもいっきり解放するわー。
わー、すがすがしいっ。
みんなも、安心、してね。
覚者だって、これで、いいのよ。
うん、覚者だから、これで、いいのよ。



posted by 辰多みか at 17:02 | 悟後の修行 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。