2013年12月27日

クリーム


※微グロ微エロカテゴリーです※




このカテゴリーは、自分で書いてて、きもっ て思っちゃう内容が
微かに有る記事用にしてます。
おっぱいとか、
なまなましいとか、
そんな事今さら突っ込んで書かなくてもとか、
ウェ〜て口から洩れちゃう感じの、きもいヤツ。
だからへっちゃらな人だけ見てください↓



クリーム。

cream

クリスマス時期だから、
(あと、こんな時期に誕生日の人が複数人いるおかげで!)
生クリームを、一年の中で一番たくさん使うよ。
どんだけ買うかってくらい、買う。
(それを全部食べてるなんて、どんだけカロリー過多なのか。怖)

生クリームを泡立てたり、
バターを溶かしたりしてると、ふっ と思い出す。
(あ、バターと生クリームは、ほぼ同じ物なんだよ)

「cream」が、なぜ英語で「最上」という意味を持つのか、
その理由をこの目で目撃した日の事を。

そう、creamには、「最上のもの」「最高のもの」といった意味があるんだよ。
クラプトンがメンバーだった、「クリーム」というバンド、
それは、最上のミュージシャンたちが集まった最上のバンドだったから
そういう名前になったんだって。

市販されている、パックに入っている生クリームは白く見えるけど、
ホントの色は、その名のとおり、クリーム色。

牛乳をしぼったままにしておくと、「乳脂肪」の部分だけが、
浮かんできて、「乳脂肪」とその下の牛乳部分に分かれる。
なんで浮いてくるかというと、説明もいらないとは思うけど、
「脂肪」は水より軽いので、水分を押しのけて、
一番上まで浮いてくるのだ。

それを集めたのが、「生クリーム」で、
「生クリーム」を撹拌して更に水分を抜いて固めたのが「バター」。

だから、「最上のもの」を「クリーム」と言うの。
ほんのわずかしか採れない、うわずみなの。
これって、花を蒸して、蒸留したしずくを集めたもののうわずみが、
エッセンシャルオイル(精油)だ、というのに、似てるな。

それらは、知識で知っていたことだったけど、
あたしはある日、自分の目で、目撃してしまった。
それは、なんか、けっこうなショックだった。
(ここから微グロです↓)


なにを目撃したかというと、

自分の母乳をしぼって、コップに入れてしばらくしたら、

白い部分と、黄色い液体の油の部分に、分かれた、という現象を、見たのだ。
黄色い油の層は、ほんの1ミリ程度だったけど。

油が浮いてるっ て、なんかすごいショックだった。
これを赤ちゃんは飲んでるんだなーって。
油脂はある程度は必要なエネルギー元なんだけど。
あぶらっこい食事やおやつを食べすぎるとそうなるみたいよ。
あたしはよく乳腺がつまって、大変な思いをしたんだけど、
これが原因みたいなんだよ。
わー。

だから、今も生クリームを泡立てる時、
「最上部」に集まるから、「クリームは最上」なんだなー、て、思いながら泡だてるよ。
学校の各学年にいる、一握りの頭のいい子たちも、
そういったうわずみ的な感じだよなー、と、ついでに思うよ。




posted by 辰多みか at 15:45 | ※閲覧注意※微グロ・微工ロ | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。