2014年01月14日

手塚治虫の漫画「ブッダ」


数ヶ月前に、ツタヤでアニメの「ブッダ」を借りて、
あまりにも酷いその出来に、怒りさえ覚えたんだけど、
この間、図書館へ行ったから、原作の、漫画「ブッダ」を
借りてきたよ。
12巻まであるはずだけど、8巻までしかなくて、そして2日で読み終わった。

感想。
うん、
さすが手塚治虫。
あらためてアニメのひどさに憤慨。
みんなアニメなんて見ないで、漫画を読もうよ!
なんか2月に、第二弾が公開されるみたいだけど、、
浜崎あゆみが主題歌らしいけど、、大丈夫なのだろうか。
人は入るのだろうか。(いや、あゆが悪いんじゃない。)

漫画の方は、冒頭から始終おっぱいがいっぱい(笑)で若干引いたけど、
途中からあまり気にならなくなった。
というかもともと、手塚治虫の漫画って、おっぱいがいっぱいだった気がする。
ブラックジャックしか読んだことないけど。
(余談だけど、ロボトミーの回を、風邪ひいて行った病院の待合室で
読んだことがあるよ!←自慢?)
なんか、最初の22ページで、泣いてしまったわ、あたし。
(それ以降は泣く所はなかったけど)

今見てもグロいから、小学生当時のあたしには相当刺激の強いものだっただろう。
でも、高階良子先生の漫画でもあまり抵抗なく読んでたしな。
うーん、でもやっぱグロいわ。
「生」と「死」を描くには、やっぱり避けて通れない道(表現)なんだろうな。
「ブッダ」の方は、借りてきた8巻の中で、無事「悟り」を開いた所まで読めた。
悟りの描写としては・・・イメージが近くて、おおっと思ったけど、
手塚先生自体は、悟ってないかもしれない?
うん。
悟ってない。
まあいいけど。
近いものは感じてたのかもしれない?

仏教の「ブッダ」=「おしゃかさま」=「シッダールタ」を、
てっとりばやく知るには、漫画はとっつきやすくて良いかもしれない。
仏教の勉強に。
ああ、あと四巻早く読みたいわ。

※追記 残りも読みました。
http://loveconquerfear.seesaa.net/article/386273262.html
期待を込めて読んだけど手塚先生は悟ってらっしゃらなくてとても残念です。


posted by 辰多みか at 17:14 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。