2014年01月14日

アセンションのその後

「アセンション」
いわゆる流行り言葉ではなく、
本来の意味の。
「アセンション」って、本来の意味だと、
たぶん、「悟り」と、同じ意味だ。
5次元にシフトする?
みんな"わかって"言っているの?
「5次元にシフトする」って、
たぶん、5次元時空目線で、ものを見る って事だ。
5次元時空とは、今現在わたしたちが住んでいる4次元時空に、
いっぽん軸を足した世界。だから、ひとつ、次元が上がった世界だ。
(ふたつ、じゃ、ないよ)
4次元空間 と、同じ意味。
4次元空間と5次元時空は、空間の次元的には同じ意味。
くうかん と じくう
定義は、ぐぐって見てね。

5次元時空目線でものを見るっていうのは、
4次元時空である「今」、肉体の目で3D絵を見る時に
焦点をわざと合わせないようにするみたいに、
心の焦点を、わざと合わせないようにして、心を立体視するの。
すると、平面だと思ってた心が、立体になってて層があるって事が、わかるよ。
(その辺は、カルマの解消とはBに書いた)

アセンションすると、どうなるのだろう。
個人個人ではなくて、
全人類が。

そう、理想である、全人類のアセンション。
それができたら、どうなるのだろう。

あたしはときどき妄想する。
全人類がアセンションし終わった世界を。

「死」は、全人類に平等に与えられる。
その平等性は、この世界を作った創造主が決めた「確率」に、従う。
創造主が、この地球上から、一日1000人の人が死ぬ と決めたとする。
誰がその日「当たるか」は、くじびきで決めるの。
もしくは、なにかが降ってきて、それが当たった人が、「当たり」なの。
「当たり」の人は、無条件で、それに従わなければならない。
そう、無条件で、「死」を受け入れる。
5次元時空目線(悟りからの視点)で見るから、そこには無条件の受け入れと、
感謝 しか ない。
そういう世界。
そういう世界を、妄想する。
たぶんこれって、「正解」 だと思う。

でもきっと、アセンションできてない人からみたら、
とうてい受け入れられない事だと思う。
そして、こうして文字にして書くと、ぜんぜん違う意味に、見える。
さらに、"間違って"伝わるのだ。
この間違いの伝言ゲームの最たるものが、宗教。

ああ、
文字にして書くたび、
「伝わらなさすぎて」
あたしは落胆する。
やっぱり悟った者どうしでないと伝わらないのか。
全人類がアセンションした時、
あたしが書いてる本当の意味が、ようやっと伝わるんだなと思う。
「死」を無条件に感謝で受け入れる事が、
「いけにえとは違う」という事が。
きっと。



posted by 辰多みか at 23:10 | 四次元・多次元 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。