2014年01月16日

ガクッとブロックがはずれた

さっき突然、
洗濯物を取り込んでいたら、
「自由だー。自由だー。」
心が叫んでいた。

そこまでに至る経緯↓。
洗濯物を取り込むために外に出る。
日が出て暖かいな〜と思いつつも、また心の中は
響子さんが今日やってた「察してちゃん&かまってちゃん」。
・・・ホントにヤダな。
ぜったい察してなんかやらない。
なんかしてほしい時には、質問形で話をしてくる。
気持ち悪い、ああ〜気味が悪い。
あたしがそれをやらなきゃ、あたしが悪いみたいだし、
本当に、嫌だ!
しかも響子さん旦那みたいに、気に障る態度を取ったら、
一喝できる立場だったらいいんだけど、あたしは立場上我慢するしかない。
本当に、嫌だ!
我慢するかわりに報酬をくれ、と、言ってるのに・・・

・・・


・・・



!!




嫌なもんは、嫌と、言ってもいい。
そうだよ。
嫌なものは嫌と言っていい。

あたしは、今まで自分に、嫌と思う自由を、許可してなかった?
嫌だ!と思いながら、思うあたしはダメだと思ってた・・・みたい。
なんだ。
自分が自分に、許可してなかっただけか!
響子さん旦那みたいに、一喝したって何したって、いいんだ!
そんで、察して優しくしてやったっていいんだ!

そしたら、洗濯竿を持ったまま、
「自由だー。自由だー。」心が叫んでいた。
なんか重量挙げみたいだったよ。

もう思いっきり嫌だって、思え!あたし。
嫌って言っちゃえ!
ものすご〜く悪くなっちゃえ。
自由だよ、自由だよ!

なんで洗濯竿を持ちあげた瞬間そう思ったのかわかんないけど、
ブロックがはずれたみたいだ。

心があっち行ってこっち行ってだけど、
これでいいんだ。

これでいいんだでいいんだ。



posted by 辰多みか at 15:18 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。