2014年01月17日

響子さんに対して平気になる

平気になる。
怖くなくなる。

怖くなくなると、気にならなくなる。
たとえそれが、そこに有ってもね。

今日も響子さんは、たちの悪い「察してチャン」だった。
響子さんが察してチャンをやりはじめると、
よい人・できる人に見られたいあたしは「罪悪感」がざわざわする。

だけど、あたしはおもいきり悪ぶろうとキャンペーン中なので、
無視。
うーん、それが良いのか悪いのか、あたしが弱いからだからなのか、
無視。

無視はだめだよな〜(書いててやっぱり感じる)

やっぱあたしが弱いからだな。
ぜんぜん悪ぶってないな。
まあいいや。

響子さんの「察してチャン」。
響子さんは、首が張ってつらいそうだ。
というか、つらいのがなぜなのか自分でもわからなくて、
お医者さんや身内から、何年も前から首が張ってるヨ!と指摘
されてるのに気が付かなくて、ようやく最近自覚が芽生えてきたそうだ。
響子さんの感覚では「つらいナー…どうやらもしかしたら首が張ってるからかも」なんだって。
ここまでわからせるのにどんだけ戦ったことか。(そんなはずはないッと言い張り続けた。ただ鈍感だったくせに。)

で、そのつらさを察してほしい時に、
妙〜な行動をする。
いつもは横向きに寝転がってテレビを見ているのに、
なぜかあたしがリビングに居る時だけ、テレビをつけずに、
じーっと天井を見てまっすぐ寝ている時がある。
これが察してほしい時。
これ、超気味悪いよ。
で、そのうち首に手をやったりそわそわしてくるんだけど、
その時…目だけ、こっちをチラッチラッと見てるのだ。
これっ、超気味悪いよ!
だから今日はあたしは、見てやった。
こっちも、チラッチラッと、見てやった。
ときどき、目が合う。
超!!気味悪いよ!
ふつう〜に調子悪い時、まわりの事なんて知ったこっちゃなくて、
見ないよね〜。むしろ目を閉じてどこが調子悪いか感じ取ろうとするよね〜。
響子さんの察してチャンは、そうじゃない。
とにかく「察してもらう」事が目的だから、どこが調子悪いかなんて、
そんなのどうでもよいらしいし、調子を良くするアドバイスなんて無用だし無粋だ。
そ ・ れ ・ が 
病気の原因 なのに!
つらさを察してほしいから、悪い所を具現化するんだ。
だから今日は、見てやったの。
ただ、見ただけ。
何度も何度も目が合う。
けれどあたしは何も言わない。

あたしは腹にすえていたのだ。
もう嫌だったのだ。
その時ずっと心の中で言っていたセリフがある。
「あのね、あたしそういうの嫌なの。何か言いたい事が
あるんだったら、言葉で言ってくれる?」
ずっとそう繰り返していた。
この言葉は、あたしは、過去一度も言った事がない。
立場上言ってはいけない、思ってもいけない言葉だと思って、封印してきた。
もっとうまく、アサーティブネスを使って柔らかく伝えなければ、と思ってきた。
でもそうじゃない。
あたしは、こう思ってもいいし、こう言ってもいい。
自由だ。
あたしはあたしに許可する。
いい人・できる人に見られたいからザワザワしてた心に向かって、言う。
「いい人できる人じゃなくていいし、あたしはもともとそうだったよね。」

平気だ。
怖くない。
だってなにも起こらないもの。

結局、この事の顛末は、業を煮やしたらしい響子さんが動いた。
どうしてもあたしからやさしい言葉をかけてもらいたかったらしい。
(こんなあたしからの優しさなんて欲しいのかよ、ケッ)
あたしにとんちんかんな質問をしてきた。
「みかさんは首が変になったこと、ある?」
もうね、過去、なんどもなんどもなんどもなんどもしてきた質問。またする。
あたしはそれに対して、「あるよ」と何度も答え、何度もアドバイスをしてきた。
なんどもなんどもなんども。
また訊くのか。
なんで?
なにがしたくて?
アドバイスを何度もし、治した経験を何度も話すのにその内容には、
まっっっったく興味がないらしいし、あたしのようにする気もないらしい。
そうすれば「治る」と言ってるのに。
これが「察してチャン」だと、あたしが響子さんを決めつける決定打だ。
アドバイスもいつものように、ふにゃ〜と床に落ちて消えたみたいになって、
しばらくしたら、一度どこかへ消えた響子さんが、
家事でバタバタしているあたしへ体を向けてふすまの向こうから、
みじんも動かず凝固している。
パッと、顔を見たら、そのふたつの目は、あたしを凝視していた。
(ギャーと言いたくなるほど気味悪かった)
とうとう響子さんは言った。
ニコッとして(響子さんがニコッとする時は、嫌〜な事が起こるサイン)
「これ貼ってくれる?」手にはシップを持ってた…
いつもは自分で貼るシップ。(しょっちゅうそのシップを貼って
フラフラ歩いてるよ)
場所的に、自分で貼れる、シップ。

どうしてもね、あたしから「なにか」をしてほしいらしいの。
そうすると、自分の価値が上がる気がするらしいの。
あたしは、響子さんに「それ」に気付いてほしい。
そういう行動を自覚無しに取っているんだと言う事に、気付いてほしい。
自覚無しに、なにかしてほしい相手をチラッチラッと監視してる事に気付いてほしい。
そうしたら「病気」は、治るんだ。

まあ病気が治ろうと治らまいと、あたしの知ったこっちゃないけどね!(悪)
と、あたしの中の罪悪感が言っています。
「気が付かない人だと決めつけるな。できない人だと決めつけるな。あたしをないがしろにするな。」ってね。

うん、あたしの中のあたし。
まだ怖いんだね。
ないがしろにされたら存在価値が消えちゃうと思って怖いんだね。
だから響子さんが嫌なんだ。

あたしはあたしで、「怖くない。平気。」になるまで、
響子さん体験を、続ける。ヤダけど。
響子さんは響子さんで、「自覚なかった。こんな事してたんだ。」
ってなるまでみかさん体験を続ける。ヤダろうけど(笑)。
まあお互い、もちつもたれつっていう、関係なわけだわ。
はやく一抜けたい(笑)。




posted by 辰多みか at 17:00 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。