2014年01月22日

依存性パーソナリティ障害

響子さんの病名が出た。
正式に主治医から出た。
今、診断がついていて何年も治療(治る病気ではないので
対処療法)している脳の老化からくる病気の病名ではなくて、
心のやまい系。

こころ の やまい。
そしてその原因は 性格。
依存性パーソナリティ障害。

ほらね、あたしの言ったとおりじゃん。

あたしの言う事は間違っている!と、あたしに対して
猛反発・猛攻撃してきたくせに、

あたしの言ったとおりじゃん。

どうするの。
どうしてくれる。

謝りなよ、私が悪うございましたってさー。
謝りなよ、「みかさんが気のせいって言う」って、周囲に
涙目(嘘泣き)で訴えた事を。
気のせいなんて言ってないだろ!「精神から来てる症状だと思うよ」と言っただろ!
息苦しくなって冷や汗が出てアワアワした時にさ。
苦手な来客の目前で急に体調を崩して「今から病院につれていってぇ…」と弱弱しい声を出した事をさ。

謝れ。

とは、言わなかったし、思わなかった。
(あぁ、ちょっとだけ思ったかな。)

むか〜しブログに書いたとおり、響子さんが精神由来で
苦しい症状から抜け出せないのならば、あたしの復讐はとっくに済んでいる。
(ことわっておくけど、あたしが呪いをかけているわけではないよ)

人格障害だから、発症はあたしのせいではないし、
あたし以外の誰かでも、引き金になった可能性がある。
ていうか、あたしと出会う前からもう何十年も苦しんでる
症状だから、そもそもあたしは関係ない。
あたしはただのきっかけ。引き金。ストレッサー。

ほ〜ら。
自分をほったらかしにするから。
まだ見てない自分が、心の泥沼の中に埋もれているんでしょう。
窒息して「助けて。助けて。」って、言ってるよ?
あたしはその声が聞こえる。
でも、あたしには、どうする事もできない。
その子を助けてあげられるのは、響子さん、ただ一人しかいない。
早く気付いてあげて。
死ぬ間際に、走馬灯に映ったその子を見て、
後悔しても、
遅いよ?




posted by 辰多みか at 16:08 | 響子さんとあたし | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。