2014年01月27日

手塚治虫の漫画ブッダ全12巻


残りを借りてきて読んださ〜。
(途中まで読んだやつ)

・・・



・・・



・・・

手塚先生は悟ってらっしゃらない。

まあ、それは、しかたがない。

最終巻12巻の190ページ・・・



ブッダの「大悟」・・・




ちっさ!

ちっさ!!


小さい、浅い!!



ここに来てこれか!




どんな大きい悟りが〜と思ってたら、

この・・・程度か・・・

これあたしにも来たレベルのやつじゃん・・・

むしろ、前の方の巻の、スジャータのくだりで悟った時の方が、
大きい悟りじゃん。
これ順番逆でしょ。

涅槃に至って、まだブッダ迷ってるし。
ブラフマンはヒトの形をしているし。
ていうか、これ、お経に言い伝えとして載ってるそのまんまなのかなぁ??
だとしたら伝える人の無責任を感じるぞ。

やっぱり本当の悟りを知らないと、いくらベテランで
漫画界の巨匠でも・・・描くのは無理だ。

ほら、ライオンを見た事がある人の描く「ライオン」と、
伝承だけしか知らない人がライオンを描いてみた結果の「こまいぬ」、この違いと同じ。

手塚先生は「こまいぬ」しか描けてない。


ブッダが、スジャータの回で悟りを開いた(?)以降は、この漫画は読まなくても、良い。
ただ、ブッダという、昔の人の概略を知りたい人が読むのだったら、
偉人伝として、参考程度に読めば良い。
「悟り」は、描けていないし、手塚先生が書く説法も、ただの「文字」だ。


偶像。

こころの入っていない、木彫りの 人形。


この漫画には、 こころ が入っていない。

真髄 が。



これが原作だったらやっぱりアニメはだめでしょう。
もともと「1」は、原作と比にならないくらい酷いし。


まあしょうがないわ。





※「書き起こし」を見つけたの。ホントは漫画を読んで感じてみてほしい。
このがっかり感を。
http://60.43.152.48/buddha/meiku2.html 一回目悟った時
http://60.43.152.48/buddha/meiku5.html 二回目悟った時



posted by 辰多みか at 22:29 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。