2014年01月29日

悟りのあとの空白期間

「あ、そうか。」
「・・・わかったー。」
「これは悟りといわれるものと同じか?…」

一瞬で、わかってしまう。

嬉しい 嬉しい。
信じられないけど本当に有る世界。


それまで、絶望的に追い詰められていたのに、
もう逃げられない奥の奥は、広大な外に繋がる狭い狭い、最後の苦しみの通路だったと。


わかってしまう。

「悟る」

すべてから、解き放たれる。






けど。

それは長く続かない。


人によって、かかる時間は異なるけれど、
長く、続かない。
「その状態」は解除されてしまう。


「愛」が「命」が「許し」が「救い」が
「宇宙」が「真理」が「神」が、わかってしまったのに、
「その状態」に戻る事ができない。
しかも、苦しんでいた時期と、同じような苦しみにまた翻弄されようになる。

どうすればいいか、わかっているのに、そうできない。

そうできないのは、「真理」からはずれているのだと、
はっきりわかるのに、そうできない。
「妬み」「嫉み」「恨み」「憎しみ」「苦しみ」
また襲ってくる。

どうすればいいか、わかっているのに。

それは、もう後が無い事がわかっている故、
本当の意味での絶望かもしれない。
けれど、悟る前の絶望と違うのは、ここで絶望しても
再び悟るわけではない、ということだ。

あたしの体験してきた感覚だと、
悟りの世界をちらっと見て、一度また下まで落ちて、
そしてゆらゆら浮上してくるまで、最低5年はかかる。
あたしはゆっくりだから、7年くらいかかってるかな。
その間にする事といえば、覚者が書いてくれた「悟り」に
ついての体験談を、むさぼるように、読むのだ。
誰に指示・アドバイスされるわけではない、
自分の意志で、沸き上がるような衝動で、
むさぼるように、読むのだ。
そして、自分自身を縛りあげているブロック(呪縛)を、
みずから解除していく。
こうやって書くとムズカシイ事みたいだけど、
まあ、ひとことで言うと、「気が済むまでは、気が済まない」それだけ。

そして再び、あとが無い突き当たりまで行く。
そこでわかるのは、
「妬み」「嫉み」「恨み」「憎しみ」「苦しみ」は、無くならない という事だ。
そこでようやっと、浮上する。第一段階の浮上。

あたしはここまで。
あとはどうなるか、やってないから知らない。
浮き沈みしながら進んでいくんだろう。
超バランスを取る、ぐらぐらゲームをしながら。
「妬み」「嫉み」「恨み」「憎しみ」「苦しみ」を
反応させづらくなるようセンサーを緩める方法もある。
(催眠術ではない)
それらをやりながら、ただ淡々と生きていくんだろうな。
だから、悟りの世界を見て、嬉しくて、すぐに人に言ったり、
すぐにブログに書いて公開しちゃうと、ひっこみがつかなくなって困るかもしれない。
「恨み、苦しみ」にまみれてる覚者なんて、自分自身が、許せないからだ。
うん、でもそうやってふたたび苦しみの中を、模索してる人がいたら、
あたしはすごく参考になるので読んでみたいなー。
どこかにいないかしら。



posted by 辰多みか at 17:28 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。