2014年02月07日

一瞥後苦しみ仲間サン

2年半前に一瞥後、あたしと同じように苦悩されたアクアさんからコメントいただきました。
とても良い体験談ですので、全文載せます。認証が結構どころじゃなく全文(笑)。
どこかしらにいらっしゃる苦しみ仲間さんたちに届きますように。


--アクアさんより(緑文字分)--

>どうしよう。覚醒しても苦悩は無くならなかった。

…このフレーズに興味を持ち 閲覧にきました。
はじめまして、アクアと名のっています。

長いコメントになりますので、認証は結構です。
迷惑にはなりたくありませんので(笑)じゃ思い切り書きますね。

一瞥体験後 調子にのってブログに書きまくっていましたが、恥ずかしくてやめてしまいました。本質が至福でも個性は苦悩に満ちていましたから(笑)で その状態を求めれば求めるほどに苦悩は増し、疑問は後をたたず、すっかり人間的に暗い性格に落ち込みました(爆)

たまに気がはれても 即終了となり継続しない心の状態に更に疑問は深まり 堂々巡りの日々が続く事、続く事…あきらめたつもりでも追いかけてこられて、また追いかけてみて、
…昨日 ようやく、ずっとそばにいた「私」に気がつきました(笑)

>悟りのあとの空白期間

…この記事にあるように、一瞥後にある更なる苦しみに苦しむ人は 多いと思います。悟後の修業として とらえる人もいますが、私は 実は悟っていないだけだと とらえます。
じゃ ホントの悟りがあるかと言えば、根本的に悟りとして表記されるような観念自体がないと思っています。悟りを求めるゲームの中にはあるでしょう。一生探しても 更に先を求めるだけで どこにも行きつく事がないと今はそう思っています。

何故そのような破天荒な意見になるかと言うと
「今に在るわたし」に 疑問がないからです。
疑問の抱きようがない、それがいつも 私という自我意識の総てを見つめていることが理解されました。それは何も特別でない あたりまえの自分です。他のひとも同様で、いつもその人を通して 世界をみつめています。

あまりにも普通で あまりにも身近で あきれかえるほど あたりまえの感覚ですので、それが悟りとは 到底思えません。
私が思ってきた悟りは ありませんでした。 でも私はこの意識に至ることを望んでいました。私という個別の意識を総て見渡せるあたりまえの私…ここで 今、満足しています(笑)

これが私の一瞥後の顛末です。私の観た一瞥は苦しみが私の持ち物でなく、違う空間に浮かんでました。(生まれる)前の私は 永遠に安楽で絶対的な安心感の中にいました。この世界が 夢であって、心からほっとしたことを覚えています。総て私が仕組んだことを忘れているだけだと思い出しました。笑う組でしたが、その後一ヶ月位は 泣く組にいました(笑)

その後 自我意識に吸収されていき、二年半になります。

一瞥だけでブログ書いたり全国を廻る人達もたくさんいますが、軽薄さだけが目立ちます。何かが違うのかもしれないし、何も違わないのかもしれません。私は一瞥後の苦しみを推奨します(笑)

みかさんは私の立ち位置の先にいる人です。直感ですが他にも何人かが私の先にいることを感じます。私の書いたことはプロセスと自覚しています、ただ その先を観ていないので、今の結論として書きました。これを書いて みかさんを意識してますと、この先へと行ってもいいかな(笑)なんて気がしてきました。

お互いかもしれませんね(笑)

いいブログです。ここを素通りすることができませんでした。読んでくれてありがとうございました。

-----
アクアさん、ありがとう。
アクアさんの見た・感じた事を、発信していってほしいなと思います。
どうせ(笑)あたしたちは、本質が「至福・愛・光・神」で、それを覆うのが
「醜い・酷い・いやらしい・こすい・セコい・ケチな個性」なんですから、隠す事ないです。
バレてるし(笑)。

一瞥だけで全国を回る方がいらっしゃるのは知ってます。会った事ないですが。
"個性"を隠してるんだったら今苦しいだろうし、あけっぴろげだったら問題ないですね。
回る事で、覚醒者がぞくぞく誕生するのだったら、じゃんじゃんやってほしいと思います。
どのみち、誰かの評判・非難のせいで世間からフェードアウトするわけではなく、
自分自身と対面しつづけられなくなってフェードアウトするのですから、あたしたちがする事は何も無く、ただ黙って見てるだけですね。

あたしの立ち位置は、たぶん、アクアさんと変わらないし、もしかしたらアクアさんの方が先に行ってるかもよ。
言葉は悪いけど「あきらめ」。ちょっといい言葉だと「手放し」。体感的にいうなら「流される」。ムズカシイ言葉でいうと「サレンダー」。
それが、肉体を持って生きている間にできる、最善(←善でもないけど)の事 なんじゃないかな〜と漠然と思います。あたしはまだできない。
したくないのかもね。
「感謝」と「ハートからの愛」がなかなか湧き出ないので、キッツイな〜、と感じます。


一瞥しても、見性しても、覚醒しても、悟っても、

苦悩は、なくならない。

悟りの世界を見てからおよそ6年、ようやくたどりついた、結論です。
今のあたしのレベルの、今の結論ね。だから、「結」論ではないけど、まあ言葉のあやね。
そういえばお釈迦様、そんな事言ってたな〜、くらいはかすかに記憶があったけど、
やべっ、それホントだわ、てなったのが去年の終わりくらい。
ぐる〜んと回って、ものすごくたくさん歩いてきて、結局、元居た所とおんなじじゃん、という、感じ。
だ・け・ど、実は違って、螺旋に歩いて来たんで、一段上がってるんだね。

悟りの世界を見て、結局前となにも変わらない、んだけど、
確実に、違っている事がある。

それは、自分自身を俯瞰して見れるようになった事と、
「悟り」を語っている人の、ホンモノ・ニセモノが、わかるようになった事。
「宗教」というのは、なにも価値が無い、ただの石ころなんだけど、
その石ころである原石の中に、ほんのわずかに、ダイヤモンドのかけらのような「真理」を見る事だけはできる。
そう、できるのは、見る(感じる)事だけ。
自分自身は何も変わらないのだから、悟らなくてもいい、というのではなくて、「見れる」ようになるだけでも一瞥する意味はあると思う。
ていうか、絶対、一瞥でも、した方がいいです。
だから、情報はいっぱいあった方がいいと思うな。
という事で、苦悩する覚者さん達は、情報発信してほしいと思います。お願い。




posted by 辰多みか at 16:45 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。