2014年02月13日

月暈

月のまわりに輪が出来ているわ。
大きいな〜。
ふちのあたりにちょうど、木星が光っている。

満月みたいな丸い月と、そのまわりに、おおきな輪。
内側が赤色で、夜なのに、虹色に見える。


あした天気が悪くなるんだね〜。(雪か!このへんは降らないけど)



この形は、まるで、人間の肉体〜心〜中心点(神性)みたいだ。
(とすると、チャクラの色が逆だな!)
天野聖子さんの本に出てくるのの。



虹の輪って、確かに「そこ」に有るようにみえるのに、観測者がいないと成立しないんだよ。
だから本当は「そこ」には、なにも ない。
孔雀の羽根の、緑なのに角度を変えると赤紫に見える、みたいに、
観測者が見る時だけ、存在する。


とても不思議だ。


posted by 辰多みか at 22:41 | 地球・自然・環境 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。