2014年02月14日

箇条書きはいらない

箇条書きはいらない。
リアルな体験談がほしい。

とっちらかってもまとまらなくっても、
温度を感じる体験談が欲しい。

「悟り系」ブログを、とあるキーワードで見つけて、
(キーワードはその時々でいろいろ)
そのあと読むのは、その検索で見つけた記事と、「悟りの体験」の記事。
この人はホンモノ(ちゃんと一瞥や悟りを体験している人)と感じたら、
ブログの、一番最初のページを見る。
プロフィールページを、見る。
「体験談」を探す。
書いてない事も、ままある。
最初じゃなくて、途中にある事もある。
カテゴリーになってる時もある。
とにかく、その人が、
痛んで苦しんでもがいた軌跡を、さがす。
その他の御託は、どうでもいい。
天使とか高次の存在とか天からキラキラとか、そんなのはもっとどうでもいい。
あたし以外の人には必要かもしれないけど、
あたしにとっては、心底どうでもいい。

(特に、対談形式は、あたしの脳の判断能力のせいなのか、
ぜんぜん読めないので、そういう形式の有名ブログも
たくさんあるけど、まったく読まない、というか、読めない。
その傾向が顕著なのは「神との対話」の本が、あたしは読めないのだ。せっかく3冊買ったのに。)

その体験談に、どんな結末があってもなくても、
あたしは"それ"を読みたい。
結末は、どれも同じなんだから、途中が知りたい。
さまよう。
一度、覚者の講演会に行った。
ブログに書いてない(と思うよ)、超強烈な体験談を、
あっさりさらっと、話してくれた。

それが聞きたかったの。
それが欲しくて、さまよってたわ。

覚者は、文字に、残さない。 みたい。
もったいぶってる? かっこわるい?
たしかに、恥ずかしいよネ。
あたしも自分の体験は、本当に、穴があったら入りたいほど、恥ずかしい。
(そしてその穴に転げ落ちて、アチラの世界に行ってしまった)

まああたしは自己満足なので、
他で埋められない欲求不満を自分が書く事で埋める。
箇条書きはいらないっていう、欲求。
誰かが、「欲しい」と思ってるなら。
だからこれからも、みっともないダサい恥部を晒していくわ。

主婦の恥部ブログ。


エロいか。



いやエロ要素まったくないから。


posted by 辰多みか at 15:34 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。