2014年02月17日

数の神さまを探しに行く

あたしは、悟りの一瞥をした後、
そこで見た宿題が終わらなくて終わらなくて、
無気力になっちゃったりして、
悟りの世界を見たくせに、苦悩にまみれて、
・・・あっそうか、宿題をしたくないから苦悩にまみれてたんだ!(笑)
そっかー。
・・・まあそれを追求するのは後でいいね。
そう、苦悩にまみれて、低空飛行をしていた時期に、
リーマンショックがあった。
仕事が無くなった。
ヒマになった。
アタクシは、「忙しい嫁」でないと、いけない。
ヒマになると、姑のいう事を聞かなきゃいけなくなっちゃう!
大変だ!
そんな頃、仕事にとても役立ち直結する、とある講座が開かれる案内を目にした。
そう、それはまさに、リーマンショックで暇をしてる、
リストラサラリーマンの為に、開かれる講座であった。

なんてジャストタイミング!
さっそくそれを受講して、確かに仕事にはとても
役立つ事を、たくさん教えてもらった・・・。
けど、仕事が、ない。
2年は無いよー、と、取引先に言われてたので、
その予言(?宣言)どおり、仕事は無い。
ヒマだった。
その、講座では、「統計・確率」について、サラッとやった。
授業では、サラッ、だけ。

ヒマだったので、
授業でさわりだけやった「確率」の世界に、足を踏み入れた。
『「精度」「誤差」「カタヨリ」「ばらつき」』
そのキーワードが、"その世界"への、入口だった・・・

毎日、ネットで「統計・確率」に関するあらゆるページを見た。
なんと、出発点は、その4つのキーワードだったのに、
行きつく先は、多元世界…パラレルワールド。
多次元世界…四次元・五次元、、、11次元時空。
見えないのに存在する世界…虚数空間。
確率は、雲になり、
原子核の周りを、覆う。
波動関数。
量子力学。
不確定性原理。
素数の出現の秘密。
想像を超えている、でも確かに実在する、世界。

そんな数の世界に入って、
数の風景に感動していたら、
そこで、
「神」
に、
会った。


たったひとつの「神」


悟りの一瞥をした時に出会った「私」という名の「神」ではなくて、
「法則」という名の「神」。
いや、名前なんてないんだけど。
しかも、どちらも、同じ成分でできている。


おととし、日記を書き始めた時は、
「私」という「神」と出会った(一瞥の瞬間の)きっかけを、
忘れてしまってたので、思い出すのに一生懸命で、
やっと思い出せて、書き記せたのだけど、
今度は、数の世界の神様と、出会った時の事を、忘れてしまったの。
なぜ、ただひとつ と感じたのか。おぼろげで。思い出せない。
あの時は、強烈に、そう感じてたのに。

だから、今度は数の世界の神様を探しに行くんだ。
もう、子育てが終わるからね。
この先は、あたしの余生だ。
やりたくてやってない事がいっぱいある。
「お断りします」が言えるようになったからね。
ありがとうって言いながら、
数の世界へ探求に行くの。



posted by 辰多みか at 15:35 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。