2014年02月19日

外国の人とのコミュニケーション

前記事でも書いた、
外国人との英会話。

何年も教室に通ってたけど、
ぜ〜んぜん!しゃべれない。
つうか、もう既にしゃべる気ないね(笑)。

相手がしゃべってる事は、わかる。
聞き取りはできる。
テレビや映画は早口なので難しいけど、
面と向かって、会話すると、双方の間で、
お互いのペースで伝えよう♡という気持ちが生まれるので、
会話の内容は、わかる。

アチラは、英語。
コチラ(あたし)は、日本語で、話す。

もう それで、全然オッケー(笑)。

ココは日本なのでね。
オラオラ!日本に来るんだったら日本語で話せやコラァ〜!って気分なので、
日本語で問題ない。
そのうち、アチラも日本語でしゃべってくるようになる。
(てか、ホントは、あたしそんなに意地悪じゃ、ないよ!笑)

まあ、もちろん、ちゃんとした場面(仕事場)だったら、
英語で話すけどね。(たどたどしくも)
それでも日本語を併用したりすると、
自分も相手もわかりやすいよ。
と、下手だからあたしはそう思う。

要は、こころ の問題なの。
「伝えたい」「わかりたい」それだけなの。
英会話教室に通ってからじゃないと外国人と話せない、と思い悩んで、
「伝えあう事」を後回しにするのか、
とりあえず伝えたい、という気持ちで、カタコトででもコミュニケートするのか。
どちらかなの。
前者の考えのままでいると、いざ話す場面になると、
あがっちゃって、頭が真っ白になるよ。
上手に話さないとダメだ、ダメな人間に思われる、と、怖がってるから。
それって、自分の体面の事ばっかり考えて、聞いてもらう相手の事を
考えてないんだよね。だからお互い嫌な気持ちになる。
英会話が怖いし、外国人が怖い。
自分の立場からしてみたら、自分が「怖い」なんて思われてたら、失礼だと感じるよね〜。



posted by 辰多みか at 17:08 | 気の交流 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。