2014年02月24日

うつが良くなった一言

ウチの実家は、まあいろいろあって、
今は、家族みんな一応幸せに暮らしているけれど…。

母は鬱病になった。
あたしが高校生の時。
それから何年も、浮き沈みして、
よくなったり悪くなったりして、
完全に良くなったのが、発症から15年以上経った頃か。

一番最初の、うきしずみの "うき"の時。
その時は、たった一言で、やってきた。
娘(あたしにとっては妹)の、たった一言で。

それまで何を言っても、母の心には響かなかったのに、
妹が、半分泣きながら、
「こんなのおかあさんじゃない。」
それで、母は、目が覚めた。
死んでいた目に、力が入った。
そのあと、また、間をおいて沈んでいくんだけど、この時の変化は、
びっくりするものだった。
誰にでもあてはまる言葉ではないから、
家族が鬱病で苦しんでる人は、参考程度にしてね。


posted by 辰多みか at 11:26 | 病気は自分で作っている | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。