2014年02月24日

水と空気と土と

息子と一緒に部屋を片付けていた。
あたしは掛け布団にカバーを掛けていた。
なぜか
急に
ムスコ、まったく関係なく、

「水と空気と土が、「あたし」を生きてる事に喜んでる!」っていう
思いが溢れて来た。

みずと
くうきと
つちが

「あたし」を
生きてる  んだって。

あたしの、エレメント。

そっかー、喜んでるんだ!

「あたし」に成れて。
あたし以外の人にも成れて。

その後、目覚まし時計を、つかんだ。
そうしたら、どこを触ったのか、
ライトがついて、
そして、
消えない!

どこのボタン押しても、しばらく待ってても、
消えない!
「あー、おかあさん壊したー。」
・・・壊したかも。
あたしが電化製品に触ると、なぜか、壊れてしまうの。
旦那がいう事には、あたしの手からはヘンなものが出てるそうだ。
みんなでゲラゲラ笑ったけど、消えないものはしょうがないので、
「乾電池出して!10数えてから入れなおしてね!」って言ったら、
なぜかそれに対してもゲラゲラ笑われてしまった。
えっ10秒基本でしょ?
それでようやく消えた。

手のひらはものすごく熱いし、
手から確かになにか出てる感じがするけど、
壊す方面じゃなくて、もっと人を癒すっぽい事とかの
有意義な事に役立ってほしいわ。
ん〜、ただの静電気か。
水と空気と土を取り入れると、電気ができるのか。
エコだな、あたし。





posted by 辰多みか at 22:10 | 光子・陽子・電子・素粒子・量子 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。