2014年03月22日

王子様・お姫様

お釈迦さまがね、
あれほどの(って良く知らないんだけど)
悟りを得る事ができたのって、
それは、
お釈迦様が、
王子様だったからじゃないかと思うんだ。

目の前に、生きるか死ぬかの、今、対処しなきゃならない
問題が次から次へ流れてくる現実を生きていた身分の人々は、
それどころじゃ、なかったと思うんだ。

いまの世の中、苦しみながら生きている人は、
絶えず心の中でこう言っていると思う。
「いま自分が嫌な気持ちなのは、あの人のせい」
「いま自分が不幸なのはあの出来事のせい」
「いま自分が苦しいのは世間が悪いせい」

生きるか死ぬかの、交感神経反応がmax.の昔の時代、そんな事、
絶えず考えてるヒマ、ないよね。
だって自分の内面ばかり観て、外の環境変化に気を配るのが
おろそかになると、肉体的に死んじゃうし。
ここが戦場だったら、「こいつのせいで死ぬかも。俺は不幸だ。」
なんて考えてたら殺られるし。
とにかく考えずに、反撃するしかない。

だから、今の時代って、ある意味、ヒマなんだ。
考える時間が、充分にある。
ヒマすぎて、昔は問題にするヒマがなかった事を、問題にするんだ。
反撃できないから、原因をすりかえるんだね。
自分が反撃できないのを棚にあげて、世間のせいにするという。

日本のご先祖さまたちが、一生懸命、子孫の私たちが、
平和に暮らせるよう、全力を注いでくれた。
その努力のかいあって、私たちは今、平和な世に暮らしている。
み〜んな、王子さま、お姫さまだ。
貧民に生まれ育ち闇の部分を見てきたあたしでさえ、
今は、まるで女王さまみたいに暮らしている。
あたしはあのまま貧民だったら、まだ悟りの一瞥まで行ってないと思うよ。
精神を病むヒマなんてないしさー。
ヒマとお金がないから、病んだ瞬間に自死したかもしれないし。

でもね、充分病む時間がある、というのは、
神さまからの、宇宙からの、プレゼントなんだ。
↑ヘンな言い方で一般の人には受け入れられない話だろうけどね。
あたしは今、神経症でフラフラになってる響子さんに、
「チャンス、チャンス!(悟りの)」と、つい言ってしまう(笑)。

なので、
今、神経症やうつ病で、
苦しくてもうどうしようもない、そこの、アナタ。
そこの、
王子さま方、
お姫さま方。

今が、チャンスです!









そんな事、思えないと思うけどね〜。



このチャンスを確実につかみとるにはね、
もっともっと、
もっともっと、
ナゼ自分はこんなに苦しいのか、
目をそらさずに、
穴があくまで、見続ければいいのよ。
守られた環境で、
時間がいっぱいある中で、
たくさん、見続ければいい。



「あの人のせい」
「あの出来事のせい」
「世間が悪いせい」


そうかな?
そうかな〜?

ホントにそうかな?




posted by 辰多みか at 11:40 | 悟り | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。