2014年04月06日

私は知らない


るーと2 は、 いくつか 、言えますか?

√2 ね。

ひとよひとよにひとみごろ ね。

1.41421356… ね。

この数は、「無理数」と言って、
「…」の部分は、永遠に、続くの。


永遠に、続くの。


だから、誰も、知る事ができないの。

るーと2 という無理数は、確かに存在していて、
「…」の部分も、ちゃんともう既に決まっているんだけど、
だあれも、「…」の中の、次にくる数字を、予想できないの。

神様しか、そのサイコロを、振れないんだ。
というか、神様自身が、サイコロなのでね。

この「無理数」に対して、「私」が確実に知っている事は、
「私は小数点以下永遠に続く不規則な数の並びを、知らない」という事、だけ。

知りえない事柄の中で、ただひとつ、確実に知っていて確実に言えるのが、「私は知らない」という事、だけ。

これは、悟りで垣間見た「あれ」と、同じ。

永遠にサイコロは振られ続けるからね。


円周率もネイピア数も無理数だよ。
私たちは、絶対に、小数点以下の数の並びを知り得ない。
「永遠」が「私たち」に味方しない限り、知り得ない。

でも永遠の中に入ってしまうと、そんな事、どうでもよくなってしまうかもしれない。




posted by 辰多みか at 10:21 | 数の世界の神様 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。