2014年04月09日

ぶれない

昨日は娘の入学式だったので、おばさん(アタクシ)なりに小綺麗にして行きました。
行った・・・つもりでした。

電車の中には、ほかの学校のお母さんたちも乗ってる。
あたしは、自分なりに、綺麗〜にしてきたつもりだったけど・・・
「ありゃ、あたし、場違いな格好かも!?」
なんだか急に不安になった。
他のおかあさんたちはぁ〜
落ち着いたスーツでぇ〜
品良くまとめてる・・・
どちらかというと小娘と張り合おうと目論んでるっぽいあたしのセンスに、急に自信が無くなった。
そうだよな〜。もう50近いのにだよ、
このスカートは、ないでしょ。
うわわ、学校到着前に、イヤな事に気付いてしまったわ。

でもね、ずっと、こんな感じで、やってきたんだよ〜…あたし。
最近では娘の卒業式、
そしてその前は息子の卒業式・入学式。
今まで、別になんとも思ってなかった。
でもな、やっぱり・・・

電車の中で、悶々としてしまったわ。

そこで、ハッと、気付いた。

あたし
また、
「これじゃダメだ」と、自分自身を、ジャッジしてる。
そして、自分以外の、誰か に なろうとしてる。

ふ〜、あぶないあぶない。

あたしはこれで、いいんだよ。
人から見た基準で変だろうと、
歩く景観破壊だろうと(笑)
これで、いいんだよ!

この格好のあたしを見て、
さっきあたしがほかのおかあさんを見た時みたいに、
「あんなふうになりたい」って、
思ってくれる人も、いるんだ、きっと!
こんなあたしじゃダメだと感じてしまうのは、その人に、失礼なの!
あたしを映しだしてくれるあたしの宇宙に、
失礼なの!

おりしもそう心の中から沸いてきて、電車の窓の外を見た時、
ちょうど海の上を渡るところだった。

また、この海の上で、あたしの宇宙から、教えてもらったね〜…
(でもね、まあそれは偶然なんだけどね。笑)
水面が輝いて、綺麗だったわ。

ほかのおかあさんを見て、いいなと思った事は、
今後、ハレの日用に、参考にしておこうと思って、
記憶にすりこむように、覚えたわ。

てことは、今の自分のままでいい!って事と、
今後、イメチェンして別角度のいい自分になれる、っていう、
ふたつの良い事が、あったの。きのう。

そして学校で、合否が心配だった他の学区の知り合いに会えて、
お互い喜びあって(こどもそっちのけで母が。笑)、
式帰りに、会いたかった人に会いに行って、
そこで楽しいお誘いを受けて、
駅で、素敵なスイーツを買って帰りました。
わぁ〜、いいこといっぱい。
心がけ次第で、いいこといっぱいなの。
この春は、去年にも増していい春になるわ〜。




posted by 辰多みか at 16:17 | 本当の幸い | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。