2014年05月03日

エルダーフラワーティー

まだ風邪が抜けません。
せっかくイベントいっぱいのGWだというのに・・・

経験と、整体論からの知識で、
風邪は、熱が下がって汗がいっぱい出た時に治る、と・・・、
いや、肉体が風邪をひく目的は、汗をいっぱい出し、熱を上げて下げ、
汗と熱の効果で、体を整体している、と、あたしは思っています。

体が自分で勝手に熱を出す事を選択してるんだから、
体が納得しおわるまで、熱は下がらないし、風邪も抜けない。
だから、薬は「治す」のには効果はない。
ただ不快な症状を緩和させるだけ。
なのであたしは風邪をひいても薬は飲まない。
ひとつだけ、溶連菌感染後に腎臓を悪くした事があったので、
喉がものすごく痛くてぐちゃぐちゃな感じの時は、
病院で検査してもらって、溶連菌の抗生剤をもらいます。

今回の風邪は、のどの感じから溶連菌ではない。
とにかくいっぱい寝たいのかな〜と、3日間続けて
昼寝をしているけれど、なかなか寝付けなかったりして、
寝不足からではないようだ。

薬は「治す」のには効果はないけれど、
治す助けになるものはあって、タイミングがあえば、
体をガツッとお掃除してくれる。
あたしが飲むのは、エルダーフラワーティー。
薬ではなくて、ハーブティー。
小さい白い花をドライにしたもので、「生活の木」に売ってる。
これを熱いお湯でティーにしたものを飲むと、
ものすごい量の、汗が出るのだ。

ここ3日間、昼寝の前にマグカップ一杯飲んで寝るんだけど、
どうも、汗が、出ないんだよな〜。
という事は、まだ、汗が出るタイミングじゃないんだよね。
汗が出ないと、スッキリしないよ。
ふとんを開けると湯気が立つくらいの、汗をかきたい。

風邪ひいて、熱が下がる頃、そういう感じの汗をかいて
びっくりした事、あるでしょ? 
それこそが体が求めているものなんだ。




posted by 辰多みか at 17:33 | 整体であること | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。